ICTインフラ管理を統合・可視化・自動化FUJITSU Software Infrastructure Manager(ISM)
機能 - 【可視化】機器状態や異常の影響範囲を集約表示 -

ICTインフラ管理を統合・可視化・自動化

Infrastructure Manager(インフラストラクチャーマネージャー、ISM)は、ICT機器について、管理の統合、異常状態やパフォーマンス情報の可視化、設定の自動化、これらの機能により、ICTインフラの運用をより一層簡単にします。

ICTインフラ環境の可視化

機器ステータスを直感的に把握

  • データセンター建屋、フロア、ラック、ICT機器(サーバ、ストレージ、スイッチ)と階層構成で、データセンターからICT機器まで設置情報を管理できます。
  • フロア図でフロア内のラック配置位置を、ラック図でラック内の機器搭載位置を直観的に把握できます。
  • データセンター→フロア→ラック→ICT機器でフォーカスしたい部分にドリルダウンする直観的な操作により、必要な時に必要な情報を得られます。
  • 機器自体が有している電源、エラー、CSS(Customer Self Service)等のLEDによる状態表示(点灯/消灯)を本製品の管理画面上にLEDパネルのイメージで表示します。視覚的にひと目で管理対象機器の状態を把握することができます。

  • フロアにおけるラック、機器の配置およびステータスを三次元表示します。これにより機器の配置、障害発生の有無の視認性を向上します。また、消費電力、吸気温度を機器またはラック毎に色分けして表示します。
    サーバルーム内の消費電力の偏りや熱だまりを立体イメージで把握できます。


    ステータス表示


    吸気温度表示

ネットワークマップ

  • 管理対象機器間のネットワーク結線状態を画面上の接続図で確認できます。
  • 結線状態に変化が発生した場合に、変更箇所を画面で確認できます。

Infrastructure Managerに関するお問い合わせ

ご検討中のお客様

お電話で
富士通コンタクトライン(総合窓口)
0120-933-200
受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)
富士通コンタクトラインでは、お問い合わせ内容の正確な把握、およびお客様サービス向上のため、お客様との会話を記録・録音させていただいておりますので、予めご了承ください。
Webで
当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

ご使用中のお客様

サポート情報
Infrastructure Manager Webページにおきまして、各種サポート情報を公開しております。ご質問・お問い合わせに先だち ぜひご参照ください。
使用方法、技術的なお問い合わせ
「SupportDesk受付窓口」または製品を購入された際の販売会社もしくは当社担当営業・SEまでご連絡ください。
ページの先頭へ