ICTインフラ管理を統合・可視化・自動化FUJITSU Software Infrastructure Manager(ISM)
機能 - 【統合】複雑化する管理を統合して効率アップ -

ICTインフラ管理を統合・可視化・自動化

Infrastructure Manager(インフラストラクチャーマネージャー、ISM)は、ICT機器について、管理の統合、異常状態やパフォーマンス情報の可視化、設定の自動化、これらの機能により、ICTインフラの運用をより一層簡単にします。

情報の統合管理

インフラ運用の統合管理による運用効率化

Infrastructure Managerは、ネットワークに接続された管理対象となる複数のICTインフラ機器(ノード)を、IPアドレスの範囲で指定して検出し、一括で登録できます。管理対象ノードの登録作業を効率的に行えます。
ノード登録後は、どのような種類のノードに対しても同じフォーマットで、ノード情報(ノード名/シリアル番号/IPアドレスなど)を一覧で管理できます。

ダッシュボード

  • 管理対象の全ICT機器の状態(正常、異常)をひと目で把握できます。
  • 画面レイアウトは当製品が提供するウィジェットを用いてカスタマイズ可能です。
    (ウィジェット例:アラームステータス、イベント、フロアビュー、ラックビュー)

ファームウェアの一覧管理と選択アップデート

管理下の機器のファーム版数を一覧管理できます。
旧版がインストールされているアップデート候補は色分けし、ひと目で確認できます。
対象機器を選択して一括アップデートできます。

各種ログ収集の自動化・一元管理

Infrastructure Managerは、管理対象ノードの各種ログ(ハードウェアログ、オペレーティングシステムログ、ServerView Suiteログ)を一括して収集したり、指定したスケジュールで定期的に自動収集したりすることが可能です。採取した各種ログを一元管理でき、保有するログの世代管理の作業を効率化できます。また、ログからキーワード検索ができ、管理対象ノードの異常発生時に調査作業を支援します。

Infrastructure Managerに関するお問い合わせ

ご検討中のお客様

お電話で
富士通コンタクトライン(総合窓口)
0120-933-200
受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)
富士通コンタクトラインでは、お問い合わせ内容の正確な把握、およびお客様サービス向上のため、お客様との会話を記録・録音させていただいておりますので、予めご了承ください。
Webで
当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

ご使用中のお客様

サポート情報
Infrastructure Manager Webページにおきまして、各種サポート情報を公開しております。ご質問・お問い合わせに先だち ぜひご参照ください。
使用方法、技術的なお問い合わせ
「SupportDesk受付窓口」または製品を購入された際の販売会社もしくは当社担当営業・SEまでご連絡ください。
ページの先頭へ