ICTインフラ管理を統合・可視化・自動化FUJITSU Software Infrastructure Manager(ISM)
機能 - 【自動化】作業時間を大幅に削減、操作ミスも撲滅 -

ICTインフラ管理を統合・可視化・自動化

Infrastructure Manager(インフラストラクチャーマネージャー、ISM)は、ICT機器について、管理の統合、異常状態やパフォーマンス情報の可視化、設定の自動化、これらの機能により、ICTインフラの運用をより一層簡単にします。

ICTインフラ構築工数/技術の属人化の排除

サーバの自動構築、復旧

  • プロファイル作成
  • プロファイルによるハードウェア設定、BIOS設定
  • プロファイルによるHypervisor/OS/サーバ運用管理ソフト(Serverview Suite)等のインストール

ストレージの自動構築、復元

ストレージ構築/増設あるいは故障からの復旧時に、各シナリオに沿ってストレージを自動でセットアップできます。

  • プロファイル作成
  • プロファイルによるRAID設定、ホットスペア設定、ホスト接続設定

ネットワークスイッチの自動構築、復元

スイッチ構築/増設あるいは故障からの復旧時に、各シナリオに沿ってスイッチを自動でセットアップできます。

  • プロファイル作成
  • プロファイルによるSNMP設定、NTP設定、STP設定

ラック単位で電力上限値を設定

機器パフォーマンスを自動制御

Infrastructure Managerに関するお問い合わせ

ご検討中のお客様

お電話で
富士通コンタクトライン(総合窓口)
0120-933-200
受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)
富士通コンタクトラインでは、お問い合わせ内容の正確な把握、およびお客様サービス向上のため、お客様との会話を記録・録音させていただいておりますので、予めご了承ください。
Webで
当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

ご使用中のお客様

サポート情報
Infrastructure Manager Webページにおきまして、各種サポート情報を公開しております。ご質問・お問い合わせに先だち ぜひご参照ください。
使用方法、技術的なお問い合わせ
「SupportDesk受付窓口」または製品を購入された際の販売会社もしくは当社担当営業・SEまでご連絡ください。
ページの先頭へ