ICTインフラ管理を統合・可視化・自動化FUJITSU Software Infrastructure Manager
V2.7.0 強化ポイント

機器の平常時と異なる状態を検知する「アノマリ検知機能」

アノマリ検知機能は、機器の平常状態を分析し、平常時と異なる状態を検知する機能です。
従来はシステム管理者の勘と経験によって平常状態とするしきい値を設定する必要がありました。 アノマリ検知機能は運用中に平常状態を自動的に分析、運用データを蓄積し検知の精度が自律的に 向上されます。
平常時と異なる状態を検知した際には、その解決方法を表示し、運用管理の業務を支援します。
また、お客様の業務影響の予防にも活用できます。

サポート機種拡大

新機種について随時対応していきます。

詳細については、以下動作環境にあります管理対象機器一覧を参照してください。

サポートOS拡大

新OSについて随時対応していきます。

詳細については、以下動作環境にあります管理対象機器一覧を参照してください。

Infrastructure Managerに関するお問い合わせ

ご検討中のお客様

お電話で
富士通コンタクトライン(総合窓口)
0120-933-200
受付時間:9時~12時および13時~17時30分
(土曜日・日曜日・祝日・当社指定の休業日を除く)
富士通コンタクトラインでは、お問い合わせ内容の正確な把握、およびお客様サービス向上のため、お客様との会話を記録・録音させていただいておりますので、予めご了承ください。
Webで
当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

ご使用中のお客様

サポート情報
Infrastructure Manager Webページにおきまして、各種サポート情報を公開しております。ご質問・お問い合わせに先だち ぜひご参照ください。
使用方法、技術的なお問い合わせ
「SupportDesk受付窓口」または製品を購入された際の販売会社もしくは当社担当営業・SEまでご連絡ください。
ページの先頭へ