GTM-MML4VXJ
Skip to main content
  1. ホーム >
  2. 製品 >
  3. コンピュータプラットフォーム >
  4. サーバ >
  5. UNIXサーバ >
  6. SPARC Servers >
  7. 技術情報 Technical Park >
  8. コンテンツ紹介所 >
  9. コンテンツ紹介所 ~Technical Parkにきたらまずはココ!Step 3:仮想環境を構築しよう!

コンテンツ紹介所 ~Technical Parkにきたらまずはココ!
SPARCサーバ受け取りからセットアップまで
Step 3:仮想環境を構築しよう! - 仮想環境の設計から構築まで -

2019年2月


 

Step 2でファイルシステムの構築まで完了したら、仮想環境を構築します。
仮想環境を構築すると、物理サーバの台数を集約したり、複数のSolaris環境を構築できます。
SPARC M12/M10では、用途に応じて3つの仮想化機能を利用できます。

仮想化機能のいろいろ

SPARC M12/M10で使用できる仮想化機能には、「ハードウェアパーティション」、「Oracle VM Server for SPARC」、「Oracle Solaris ゾーン」の3つがあります。
これらの3つは、構成が異なります。用途や環境に合った機能を選択してください。

Oracle VM Server for SPARCとOracle Solarisゾーンの選定には以下のドキュメントも参考にしてください。

「Oracle VM Server for SPARC」と「Oracle Solaris ゾーン」を比較して説明しています。

仮想環境を設計・構築しよう!

各仮想化機能による仮想環境の設計・構築方法を紹介しています。

1.ハードウェアパーティション – ハードウェア層でリソースを分割・管理 -

SPARC M12-2S/M10-4Sでは、複数の物理サーバを接続し、1台の大きなサーバのように扱うことができます。複数の物理サーバを接続した構成を「ビルディングブロック構成(BB構成)」といいます。

■ハードウェアパーティションについて知ろう

ビルディングブロック構成の概要や構築の様子をブログ形式で紹介しています。

ビルディングブロック構成の概要や設計指針などを解説しています。

■ハードウェアパーティションを構築しよう

ビルディングブロック構成の構築手順を紹介しています。

ビルディングブロック構成の運用手順を紹介しています。

ビルディングブロック構成の概要や構築の様子をブログ形式で紹介しています。

SPARC M12/M10で使用できるドメインの概要や構築方法などを説明しているマニュアルです。

2.Oracle VM Server for SPARC -ファームウェア(ハイパーバイザ)層でリソースを分割・管理 -

1台の物理サーバ上に複数の独立した仮想Solaris 環境(ドメイン)を構築することができます。

■Oracle VM Server for SPARCについて知ろう

Oracle VM Server for SPARCの概要や活用シーン、設計指針などを解説しています。

Oracle VM Server for SPARCの概要やゲストドメインを設計する際のポイントを解説しています。

『SPARC M12/M10 Oracle VM Server for SPARC 設計のポイント ~I/Oドメイン、I/Oルートドメイン編~』 (4.92 MB )

Oracle VM Server for SPARCの概要やI/Oドメイン、I/Oルートドメインを設計する際のポイントを解説しています。

■Oracle VM Server for SPARC環境を構築しよう

Oracle VM Server for SPARCのスペシャリスト、まっちーによる仮想化講座です。

Oracle VM Server for SPARC の構築・運用方法を解説しています。

Oracle VM Server for SPARC の構築・運用手順を紹介しています。

Oracle VM Server for SPARCのドメインの構築、操作をWebブラウザ上で体験できます。手順書と併せてご使用ください。

SPARC M12/M10に対応したOracle VM Server for SPARCの構築を自動で行うツールです。

Oracle VM Server for SPARCで使用する主なldmコマンドを紹介しています。

SPARC M12/M10で使用できるドメインの概要や構築方法などを説明しているマニュアルです。

3.Oracle Solarisゾーン – Solarisのカーネル層でリソースを分割・管理

1台の物理サーバ上に複数の仮想Solaris環境(ゾーン)を構築することができます。

■Oracle Solarisゾーンについて知ろう

Oracle Solaris 11 ゾーンの概要を解説しています。

■Oracle Solarisゾーンを構築しよう

Oracle Solaris 11 ゾーンの構築・運用方法を解説しています。

Oracle Solaris 11 ゾーンの構築・運用手順を紹介しています。

ゾーンの作成、操作をWebブラウザ上で体験できます。手順書と併せてご使用ください。

Oracle Solaris ゾーンで使用する主なコマンドを紹介しています。

以上で、SPARCサーバのセットアップが完了しました。


SPARCサーバ受け取りからセットアップまで

Step 1:SPARCサーバをセットアップしよう!

- SPARCサーバ受け取りからOSインストールまで -

Step 2:ファイルシステムを構築しよう!

- ZFSの設計から構築、バックアップ運用まで -

Step 3:仮想環境を構築しよう!

- 仮想環境の設計から構築まで -

SPARCサーバへの移行方法

SPARCサーバへ移行しよう!

- 旧SPARCサーバからSPARC M12サーバへ -

GTM-T46VJF7