GTM-MML4VXJ
Skip to main content
  1. ホーム >
  2. 製品 >
  3. コンピュータプラットフォーム >
  4. サーバ >
  5. UNIXサーバ >
  6. SPARC Servers >
  7. 技術情報 Technical Park >
  8. コンテンツ紹介所 >
  9. コンテンツ紹介所 ~Technical Parkにきたらまずはココ!Step 1:SPARCサーバをセットアップしよう!

コンテンツ紹介所 ~Technical Parkにきたらまずはココ!
SPARCサーバ受け取りからセットアップまで
Step 1:SPARCサーバをセットアップしよう! - SPARCサーバ受け取りからOSインストールまで -

2019年6月


 

サーバをラックに搭載し、初期設定を行います。初期設定まで完了すると、サーバを使う準備が整います。

Step 1-1: SPARCサーバを設置しよう!

サーバを受け取ったら、段ボールを開封してサーバをラックに搭載します。

サーバを箱から取り出し、ラックに搭載する様子をブログ形式で紹介しています。

Step 1-2: システムの初期設定をしよう!

SPARC M12/M10には、サーバを監視する機構(XSCF)が搭載されています。
ラックに搭載したサーバに電源を入れてみましょう。XSCFのログイン画面が表示されるので、ログインしてXSCFの初期設定を行います。

ワンポイント

XSCF(eXtended System Control Facility)とは、サーバ本体に搭載されている機構で、本体を起動・停止させたり、本体が正常に稼動しているか監視したりするものです。XSCFにログインし、起動コマンドを入力することで、初めてサーバを起動できます。

ラックに搭載したサーバに電源ケーブルを接続して、XSCFを起動する様子をブログ形式で紹介しています。

XSCFの環境設定からサーバの起動・停止までの様子をブログ形式で紹介しています。

XSCF初期設定の一連の手順を紹介しています。

XSCF初期設定のながれをWebブラウザ上で体験できます。手順書と併せてご使用ください。

XSCFリファレンスマニュアル』(XCP版数別一覧)

XSCF上で使用できるコマンドを説明しているマニュアルです。

ワンポイント

SPARC製品導入時、Step 1-1とStep 1-2の作業を代行するサービスをご利用いただけます。

Step 1-3: Oracle Solarisをインストールしよう!

SPARC M12/M10では、あらかじめOracle Solarisがインストールされています。
Oracle Solarisを再インストールする場合や、Oracle Solarisの機能について知りたい場合は、こちらをご覧ください。

Oracle Solaris 11の概要や、基本的な機能を解説しています。

Oracle Solaris 11の構築・運用方法を解説しています。

Oracle Solaris 11の構築・運用の手順を紹介しています。

Oracle Solaris 11の構築・運用のながれをWebブラウザ上で体験できます。手順書と併せてご使用ください。

《参考》

続けて、ファイルシステムの設定へ進みます。


SPARCサーバ受け取りからセットアップまで

Step 1:SPARCサーバをセットアップしよう!

- SPARCサーバ受け取りからOSインストールまで -

Step 2:ファイルシステムを構築しよう!

- ZFSの設計から構築、バックアップ運用まで -

Step 3:仮想環境を構築しよう!

- 仮想環境の設計から構築まで -

SPARCサーバへの移行方法

SPARCサーバへ移行しよう!

- 旧SPARCサーバからSPARC M12サーバへ -

GTM-T46VJF7