GTM-MML4VXJ
Skip to main content
  1. ホーム >
  2. 製品 >
  3. コンピュータプラットフォーム >
  4. サーバ >
  5. UNIXサーバ >
  6. SPARC Servers >
  7. 技術情報 Technical Park >
  8. コンテンツ紹介所 >
  9. コンテンツ紹介所 ~Technical Parkにきたらまずはココ!SPARCサーバへ移行しよう

コンテンツ紹介所 ~Technical Parkにきたらまずはココ!
SPARCサーバへ移行しよう!- 旧SPARCサーバからSPARC M12サーバへ -

2019年4月


 

現在お使いいただいているSPARCサーバは、富士通の最新サーバであるSPARC M12へ簡単に移行することができます。

ここでは、SPARC M10など「既存サーバの物理環境や仮想環境」を、「SPARC M12の仮想環境」に移行する方法をまとめています。

移行方法

ここでは、Solaris 10とSolaris 11の移行方法について説明しています。

また、移行にあたり、免責事項がございます。事前にご確認ください。

Solaris 10の移行

Solaris 10の環境は SPARC M12 上の仮想環境に移行します。
仮想環境は、2つの仮想化方式から選択できます。

  • Oracle Solarisゾーンの機能を利用した「ノングローバルゾーン(ゾーン)」
  • Oracle VM の機能を利用した「Oracle VM ゲストドメイン(ゲストドメイン)」

選択指針は「Oracle VM Server for SPARCとOracle Solarisゾーン選択のポイント (714 KB)」をご参照ください。

「Solaris 10」から「Solaris 10ゾーン」への移行

「物理環境」からの移行

■「Solaris 10物理環境」を「Solaris 10上のSolaris 10ゾーン」へ移行

flarcreate + zoneadm install -u

■「Solaris 10物理環境」を「Solaris 11上のSolaris 10ゾーン」へ移行

flarcreate + zonep2vchk + zoneadm install

「ゾーン」からの移行

■「Solaris 10上のSolaris 10ゾーン」を「Solaris 10上のSolaris 10ゾーン」へ移行

cpio + zoneadm detach/attach -U

Coming soon!

■「Solaris 10上のSolaris 10ゾーン」を「Solaris 11上のSolaris 10ゾーン」へ移行

cpio + zoneadm install

「Solaris 10」から「Solaris 10ゲストドメイン」への移行

「物理環境」からの移行

■「Solaris 10(UFS)物理環境」を「Solaris 11上のSolaris 10ゲストドメイン」へ移行

ldmp2v(UFS)

「ゲストドメイン」からの移行

■「Solaris 11上のSolaris 10ゲストドメイン」を「Solaris 11上のSolaris 10ゲストドメイン」へ移行

ufsdump/ufsrestore または zfs send/recv + ゲストドメイン手動作成

Solaris 11の移行

Solaris 11の環境は SPARC M12 上の仮想環境に移行します。
仮想環境は、2つの仮想化方式から選択できます。

  • Oracle Solarisゾーンの機能を利用した「ノングローバルゾーン(ゾーン)」
  • Oracle VM の機能を利用した「Oracle VM ゲストドメイン(ゲストドメイン)」

選択指針は「Oracle VM Server for SPARCとOracle Solarisゾーン選択のポイント (714 KB)」をご参照ください。

「Solaris 11」から「Solaris 11ゾーン」への移行

「物理環境」からの移行

■「Solaris 11物理環境」を「Solaris 11上のSolaris 11ゾーン」へ移行

zfs send/rcv + zonep2vchk + zoneadm install

Coming soon!

<ご参考>Oracle社のマニュアル

Oracle Solaris 11.3 Oracle Solarisゾーンの作成と使用
- 第 7 章 Oracle Solarisゾーンの移行および変換

移行先のグローバルゾーンをゲストドメインにする場合は、「ネットワーク設計・構築ガイド~on Oracle VM Server for SPARC~ (1.87 MB )」もご参照ください。

「ゾーン」からの移行

■「Solaris 11.1-11.3上のSolaris 11.1-11.3ゾーン」を「Solaris 11上のSolaris 11ゾーン」へ移行

zfs send/rcv + zoneadm install -U

移行先のグローバルゾーンをゲストドメインにする場合は、「ネットワーク設計・構築ガイド~on Oracle VM Server for SPARC~ (1.87 MB )」もご参照ください。

「Solaris 11」から「Solaris 11ゲストドメイン」への移行

「物理環境」からの移行

■「Solaris 11.1物理環境」を「Solaris 11上のSolaris 11ゲストドメイン」へ移行

zfs send/rcv + ゲストドメイン手動作成

Coming soon!

■「Solaris 11.1-11.3上のSolaris 11.1-11.3ゲストドメイン」を「Solaris 11上のSolaris 11ゲストドメイン」へ移行

Unified Archives

Coming soon!

「ゲストドメイン」からの移行

■「Solaris 11.2-11.3ゲストドメイン」を「Solaris 11上のSolaris 11ゲストドメイン」へ移行

zfs send/rcv + ゲストドメイン手動作成(V2V)

免責事項

  • OSの標準機能を使用した移行方法について解説しています。
  • インストールされているミドルウェアおよびアプリケーションの移行性を保証するものではありません。
  • 移行後は動作確認を実施し、問題の無いことをご確認ください。

お問合せ

ご不明な点や本サイトに記載のない環境の移行につきましては、担当営業またはお問合せ窓口(SPARC Serversに関するお問い合わせ)までご相談ください。

また、移行作業を実施する「移行サービス」も提供しております。
こちらも合わせてご相談ください。


SPARCサーバ受け取りからセットアップまで

Step 1:SPARCサーバをセットアップしよう!

- SPARCサーバ受け取りからOSインストールまで -

Step 2:ファイルシステムを構築しよう!

- ZFSの設計から構築、バックアップ運用まで -

Step 3:仮想環境を構築しよう!

- 仮想環境の設計から構築まで -

SPARCサーバへの移行方法

SPARCサーバへ移行しよう!

- 旧SPARCサーバからSPARC M12サーバへ -

GTM-T46VJF7