GTM-MML4VXJ
Skip to main content
  1. ホーム >
  2. 製品 >
  3. コンピュータプラットフォーム >
  4. サーバ >
  5. UNIXサーバ >
  6. SPARC Servers >
  7. 技術情報 Technical Park >
  8. コンテンツ紹介所 >
  9. コンテンツ紹介所 ~Technical Parkにきたらまずはココ!Step 2:ファイルシステムを構築しよう!

コンテンツ紹介所 ~Technical Parkにきたらまずはココ!
SPARCサーバ受け取りからセットアップまで
Step 2:ファイルシステムを構築しよう! - ZFSの設計から構築、バックアップ運用まで -

2019年6月


 

Step 1でOSインストールまで完了したら、ファイルシステムの構築を行います。 ファイルシステムを構築することで、サーバへのデータ格納や運用が容易になります。

ZFSについて知ろう!

ZFS(Zettabyte(ゼタバイト) File System)は、Oracle Solaris 11の標準ファイルシステムです。
Solaris 10以前で主に使用されていたUFS(UNIX File System)と比べて、拡張性、データの堅牢性、管理のしやすさを兼ね備えています。

Oracle Solaris 11におけるZFSの概要や特長を解説しています。

ZFSの基本的な機能をブログ形式で紹介しています。

ZFSを構築しよう!

Oracle Solaris 11におけるZFSの構築・運用手順を紹介しています。また、シミュレーターを使用して、構築・運用のながれを体験できます。

Oracle Solaris 11におけるZFSの構築・運用方法を解説しています。

Oracle Solaris 11におけるZFSの構築・運用手順を紹介しています。

Oracle Solaris 11におけるZFSの構築・運用のながれをWebブラウザ上で体験できます。手順書と併せてご使用ください。

ZFSバックアップのしくみと自動化ZSF機能を使って自動バックアップしよう!

ZFSの機能を用いたユーザー領域(データ領域)のバックアップやリストアが行えます。また、バックアップの世代管理やスケジュール管理を実装する方法も紹介しています。

ZFSの機能を用いた、ユーザー領域(データ領域)の基本的なバックアップとバックアップ運用の自動化について、そのしくみと手順を解説しています。

バックアップ/リストアスクリプトを使用し、Solarisのコマンドを意識せずに簡単にシステムのリカバリーが行える、Oracle Solaris 11システムリカバリーツールも用意しています。

システムバックアップとリストアを自動化するツールです。

続けて、仮想環境の構築へ進みます。


SPARCサーバ受け取りからセットアップまで

Step 1:SPARCサーバをセットアップしよう!

- SPARCサーバ受け取りからOSインストールまで -

Step 2:ファイルシステムを構築しよう!

- ZFSの設計から構築、バックアップ運用まで -

Step 3:仮想環境を構築しよう!

- 仮想環境の設計から構築まで -

SPARCサーバへの移行方法

SPARCサーバへ移行しよう!

- 旧SPARCサーバからSPARC M12サーバへ -

GTM-T46VJF7