GTM-MML4VXJ
Skip to main content

SPARC/Solaris 探検隊
第20回:Oracle Solaris 11.4登場!!

2019年5月8日


 

SPARC M12/M10のプレインストールOSがOracle Solaris 11.4に変更となりました。
そこで、今回はOracle Solaris 11.4を2つのシチュエーションでインストールしてみたいと思います。
ひとつは新規インストール。もうひとつは既存のOracle Solaris 11.1からのアップデートです。

Solaris 11.4の新規インストール

まず、最新のSPARCサーバであるSPARC M12-1にOracle Solaris 11.4をインストールしてみます。
ここでは、手元のサーバで試すため、Oracle VM Server for SPARCというSolaris標準の仮想化機能を使用して作成した仮想マシン(ゲストドメイン)にOracle Solaris 11.4をインストールします。

Oracle VM Server for SPARCについては、以下を参照してください。

ゲストドメインへのSolaris 11.4のインストール

ゲストドメインにOracle Solaris 11.4をインストールする方法は、3つあります。

  • ISOイメージによるインストール
  • DVDメディアによるインストール
  • インストールサーバによるネットワークインストール

ここでは、ISOイメージを使ってインストールしてみたいと思います。

ISOイメージによるインストールでは、物理サーバ(制御ドメイン)に用意したOracle Solaris 11.4テキストインストーラ(.isoファイル)を仮想ディスクとしてゲストドメインに割り当ててOracle Solaris 11.4をインストールします。

それでは、実際にインストールしてみます。
はじめに、制御ドメインからゲストドメインに接続します。
ここでは、ゲストドメインのポート5000番を指定して接続します。

次に、ISOイメージがデバイスとして認識されていることを確認します。

デバイスを確認できたら、ISOイメージを起動し、インストール作業を開始します。

実際のインストール作業は対話形式で進めていきます。インストール作業中に設定する項目は、Oracle Solaris 11.3までと同じです。

インストールが完了したらシステムを再起動してOSの版数を確認します。

ゲストドメインにOracle Solaris 11.4がインストールされました!

Solaris 11.4にSRUを適用

ここでは、SRU適用済みのローカルリポジトリを参照して、ゲストドメインのOracle Solaris 11.4にSRUを適用します。ローカルリポジトリは、制御ドメインに作成されていることとします。

 ワンポイント

IPS(Image Package System)とSRU(Support Repository Update)

Oracle Solaris 11は、OS環境をパッケージ単位で管理して、インストール、更新、および削除できるIPS(Image Package System)を採用しています。IPSによって、パッケージの複雑な依存関係が自動的に判断され、導入や運用管理に費やすコストを削減できます。また、Oracle Solaris 11では、SRU(Support Repository Update)という修正パッケージの集合体を適用してパッケージを入れ替える方法も採っています。

ローカルリポジトリへのSRU適用

Solarisのパッケージは、ネットワークでつながった「リポジトリサーバ」というサーバに用意されています。リポジトリサーバはOracle社がインターネット上に公開している「リリースリポジトリ」と、ユーザーが独自に構築した「ローカルリポジトリ」のどちらかまたは両方を使うことができます。
ローカルリポジトリは、リリースリポジトリの複製のようなもので、インターネットに接続できないサーバに対してパッケージを提供できます。ローカルリポジトリにSRUを適用しておくと、そのローカルリポジトリを参照してSRUを適用することができます。

ローカルリポジトリの作成およびSRUの適用方法については以下を参照してください。

- 「4. ローカルリポジトリの作成と登録」

- 「6. 修正パッケージ(SRU)の適用」

まず、ゲストドメインで、参照先のローカルリポジトリを登録します。

次に、ゲストドメインにSRUを適用します。
ここでは、新たにBE(Boot Environment)を作成し、そのBEに対してSRUを適用します。

 ワンポイント

BEは、パッケージや様々な設定などが異なるOS環境を保存しておける画期的な機能です。
通常のOS環境と同様の操作でSRUを適用することができ、SRU適用前の環境に簡単に戻すことができます。

BEにSRUを適用したら、システムを再起動します。

OSの版数を確認してみましょう。

それまでの「Oracle Solaris 11.4.0.0.1.15.0」が「Oracle Solaris 11.4.6.4.0」に変わっています。
ここまでの作業で、Oracle Solaris 11.4の新規インストールとSRUの適用が完了しました。

Solaris 11.4へのアップデート

次に、既存のOSをOracle Solaris 11.4へアップデートしたいと思います。
ちょうど手元にSPARC M10-1があり、Oracle Solaris 11.1でゲストドメインが作られています。このゲストドメインを、Oracle Solaris 11.4にアップデートしてみましょう。
先ほど新規インストールで使用したローカルリポジトリを参照してアップデートしてみます。

Solaris 11.1からSolaris 11.4にアップデート

制御ドメインからゲストドメインにコンソール接続し、現在のOS版数を確認します。

現在の版数は「11.1 SRU18(SRU14041)」になっています。

ローカルリポジトリを参照してアップデートしてみます。

パッケージをアップデートできないというメッセージが表示され、アップデートに失敗しました。
Oracle社のマニュアルを見てみると、Oracle Solaris 11.3 SRU 23(SRU17081)未満の場合は、SRU 23(SRU17081)以降にアップデートしておく必要があることがわかりました。

Solaris 11.1からSolaris 11.3にアップデート

というわけで、まずはOracle Solaris 11.3にアップデートします。
ここでは、手元のSPARC M10-1の制御ドメインにOracle Solaris 11.3のローカルリポジトリを作成し、Oracle Solaris 11.3のSRU 26(SRU17111)を適用します。このローカルリポジトリを参照して、ゲストドメインのOSをOracle Solaris 11.3にアップデートします。

まず、ローカルリポジトリの参照先を、SPARC M10-1の制御ドメイン上の11.3リポジトリに変更します。

次に、新規インストール時と同様に新たにBEを作成し、そのBEに対してSRUを適用します。

そして、SRUを適用したら、システムを再起動します。

OSの版数を確認してみましょう。

SRU23(SRU17081)以降にアップデートできました。

Solaris 11.3からSolaris 11.4にアップデート

SRU23(SRU17081)以降になりましたので、Oracle Solaris 11.4にアップデートしてみましょう。
アップデートの手順は、Oracle Solaris 11.1から11.3へのアップデートと同じです。
SPARC M12-1の制御ドメイン上のローカルリポジトリを参照して、ゲストドメインのOSをアップデートします。

ローカルリポジトリの参照先を、SPARC M12-1の制御ドメイン上の11.4リポジトリに変更してアップデートします。

今度は、エラーメッセージは表示されません!

続けて、システムを再起動します。

OSの版数を確認します。

Oracle Solaris 11.4にアップデートできました!

今回のように既存のSolaris 11環境をOracle Solaris 11.4にアップデートする場合は、まずOracle Solaris 11.3のSRU23(SRU17081)以降にアップデートしておく必要がある点に注意してください。

今回は、Oracle Solarisの最新版となるOracle Solaris 11.4をインストールしてみました。インストール方法は、Oracle Solaris 11.3と同じなので、問題なく実施できると思います。なお、アップデートする場合は、既存環境のOSやSRUの版数に注意しましょう。


応援メッセージはtwitterにて、ハッシュタグ #fjsparcOpen a new window までお願いします。