FUJITSU Server PRIMEQUEST 3000シリーズ
性能情報

Linux/Windowsで最高水準性能を誇るPRIMEQUESTの性能・ベンチマークに関する情報、ホワイトペーパー/パフォーマンスレポート等の各種資料を掲載しています。

ベンチマーク

これまでに公開されたPRIMEQUEST 3800Eの性能・ベンチマークに関する情報です。(2018年3月23日更新)

SPECrate 2017 Integer

測定マシンPRIMEQUEST 3800E
測定結果SPECrate2017_int_base = 1170

[測定環境]

  • サーバ:PRIMEQUEST 3800E
  • CPU:Intel Xeon Platinum 8180、2.50GHz、8CPU(224コア)
  • OS:SUSE Linux Enterpriser Server 12 SP2

[備考]

SPECrate 2017 Floating Point

測定マシンPRIMEQUEST 3800E
測定結果SPECrate2017_fp_base = 977

[測定環境]

  • サーバ:PRIMEQUEST 3800E
  • CPU:Intel Xeon Platinum 8180、2.50GHz、8CPU(224コア)
  • OS:SUSE Linux Enterpriser Server 12 SP2

[備考]

SPECint_rate2006

測定マシンPRIMEQUEST 3800E
測定結果SPECint_rate_base2006 = 11300

[測定環境]

  • サーバ:PRIMEQUEST 3800E
  • CPU:Intel Xeon Platinum 8180、2.50GHz、8CPU(224コア)
  • OS:SUSE Linux Enterpriser Server 12 SP2

[備考]

SPECfp_rate2006

測定マシンPRIMEQUEST 3800E
測定結果SPECfp_rate_base2006 = 7120

[測定環境]

  • サーバ:PRIMEQUEST 3800E
  • CPU:Intel Xeon Platinum 8180、2.50GHz、8CPU(224コア)
  • OS:SUSE Linux Enterpriser Server 12 SP2

[備考]

ベンチマークテストについて

  • SPEC
    CPU2017CPU/メモリ/コンパイラの性能を整数演算および浮動小数点演算により評価するベンチマークです。
    「SPECspeed 2017 Integer」と「SPECspeed 2017 Floating Point」は単一ジョブ処理性能を比較するためのベンチマークです。
    「SPECrate 2017 Integer」と「SPECrate 2017 Floating Point」はスループットや時間当たりの処理数を計測するためのベンチマークです。
    SPECはSPEC CPU2017のリリースにより、SPEC CPU2006の利用を停止しました。
  • SPEC CPU2006
    CPU/メモリ/コンパイラの性能を整数演算および浮動小数点演算により評価するベンチマークです。
    「SPECint2006」と「SPECfp2006」は単一ジョブの処理速度を見積もる目安となります。
    「SPECint_rate2006」と「SPECfp_rate2006」はシステム処理性能を見積もる目安となります。

SPECについての詳細な情報は、SPEC公式サイトをご参照ください。

ホワイトペーパー/パフォーマンスレポート

資料名・概要掲載日
ホワイトペーパー Fujitsu Server PRIMEQUESTパフォーマンスレポート PRIMEQUEST 3800E2/3400E2/3400S2
(35ページ:1.18 MB)PRIMEQUEST 3000シリーズで実行したベンチマークの概要について説明します。 PRIMEQUEST 3000シリーズのパフォーマンスデータを、他のPRIMEQUESTモデルと比較して説明しています。 ベンチマーク結果に加え、ベンチマークごとの説明およびベンチマーク環境の説明も掲載しています。
2019/11/1
ホワイトペーパー Fujitsu Server PRIMEQUEST パフォーマンスレポート PRIMEQUEST 3800E/3400E/3400S
(39ページ:1.32 MB)PRIMEQUEST 3000シリーズで実行したベンチマークの概要について説明します。 PRIMEQUEST 3000シリーズのパフォーマンスデータを、他のPRIMEQUESTモデルと比較して説明しています。 ベンチマーク結果に加え、ベンチマークごとの説明およびベンチマーク環境の説明も掲載しています。
2018/12/1
ホワイトペーパー FUJITSU Server PRIMEQUESTXeon スケーラブル・プロセッサ搭載システムのための BIOS 最適化
(21ページ:692KB)Intel Xeon スケーラブル・プロセッサ搭載 PRIMEQUEST サーバ世代(PRIMEQUEST 3400S Lite/S2 Lite、3400S/S2、3400E/E2、 3400L/L2、3800E/E2)で有効な BIOS 設定について説明しています。 本書の目的は、要件に応じた BIOS 設定を最適化することです。
2019/6/1
ホワイトペーパー Fujitsu Server PRIMERGY & PRIMEQUESTXeonスケーラブル・プロセッサ搭載システムのメモリパフォーマンス
(注)PRIMERGYの情報ページへリンクします。Xeonスケーラブル・プロセッサ 搭載 FUJITSU Server PRIMERGY及び PRIMEQUESTでは、新しい Ultra Path Interconnect(UPI)の導入とメモリアーキテクチャーの改善で、パフォーマンスが著しく向上しています。このホワイトペーパーでは、アーキテクチャーの重要な特徴と最近の改善点について説明し、それが商用アプリケーションのパフォーマンスに与える影響を定量化します。
-

他シリーズの性能情報

FUJITSU Server PRIMEQUESTに関する資料請求・お見積もり・ご相談

Webでのお問い合わせ

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

ページの先頭へ