GTM-MML4VXJ
Skip to main content

FUJITSU Server PRIMEQUEST 2000シリーズ 性能情報

Linux/Windowsで最高水準性能を誇るPRIMEQUESTの性能・ベンチマークに関する情報です。

新モデル発表(2016年6月)

PRIMEQUEST 2000シリーズに新モデルを追加。最新のインテル Xeonプロセッサー E7 v4ファミリーを搭載し、性能を強化しました。

Intel Xeon Processor E7 v4 Family World Record Benchmarks【Intel 英語】新規ウィンドウが開きます

掲載ベンチマーク一覧

ホワイトペーパー

ホワイトペーパー Fujitsu Server PRIMEQUEST
パフォーマンスレポート PRIMEQUEST 2800E3(v1.1)
(1.13 MB )
(28ページ:2016年9月)

ホワイトペーパー Fujitsu Server PRIMEQUEST
パフォーマンスレポート PRIMEQUEST 2800E2
(1.50 MB )
(46ページ:2015年12月)

ホワイトペーパー Fujitsu Server PRIMEQUEST
パフォーマンスレポート PRIMEQUEST 2800E
(1.45 MB )
(48ページ:2014年7月)

PRIMEQUEST 2800E3/2800E2/2800Eで実行したベンチマークの概要について説明します。 PRIMEQUEST 2800E3/2800E2/2800Eのパフォーマンスデータを、他のPRIMEQUESTモデルと比較して説明しています。 ベンチマーク結果に加え、ベンチマークごとの説明およびベンチマーク環境の説明も掲載しています。

ホワイトペーパー Fujitsu Server PRIMERGY & PRIMEQUEST
Xeon E7 v4 搭載システムのメモリパフォーマンス

(注)PRIMERGYの情報ページへリンクします。

PRIMEQUEST 2000 シリーズ(PRIMEQUEST 2400S3 Lite/2400S3/2400E3/2400L3/2800E3/2800L3) および PRIMERGY RX4770 M3 の Xeon E7 v4(Broadwell-EX)搭載モデルでは、 QuickPath インターコネクト(QPI)のメモリアーキテクチャーの能力により、 前世代に比べてパフォーマンスが大幅に向上します。 これは4世代のシステムで証明されています。 このホワイトペーパーでは、メモリアーキテクチャーの変更されたパラメーターについて説明し、 それが商用アプリケーションのパフォーマンスに与える影響を数量化します。

ホワイトペーパー Fujitsu Server PRIMERGY & PRIMEQUEST
Xeon E7 v3 搭載システムのメモリパフォーマンス
(786 KB)
(32ページ:2015年8月)

PRIMEQUEST 2000 シリーズ(PRIMEQUEST 2400S2 Lite/2400S2/2400E2/2400L2/2800E2/2800L2)の メモリパフォーマンスについて説明します。

ホワイトペーパー Fujitsu Server PRIMERGY & PRIMEQUEST
Xeon E7-8800/4800 v2(Ivy Bridge-EX)搭載システムのメモリパフォーマンス

(注)PRIMERGYの情報ページへリンクします。

PRIMEQUEST 2000 シリーズ(PRIMEQUEST 2400S Lite/2400S/2400E/2400L/2800E/2800L)の メモリパフォーマンスについて説明します。

ホワイトペーパー Fujitsu Server PRIMERGY & PRIMEQUEST
パフォーマンスレポート PCIe-SSDs P3700
(662 KB)
(21ページ:2016年4月)

PRIMEQUEST 2000 シリーズで使用できる P3700 シリーズの PCIe-SSD のディスク I/O パフォーマンスについて詳しく説明します。測定結果とともに、測定方法と測定の実施環境についても簡単に説明します。

ホワイトペーパー Fujitsu Server PRIMERGY & PRIMEQUEST
RAIDコントローラーのパフォーマンス 2016

(注)PRIMERGYの情報ページへリンクします。

2016年のPRIMEQUESTシステムに搭載可能な内蔵ディスクサブシステムに適用する 各種RAIDコントローラーのオプションやアプリケーション分野について、 パフォーマンスの観点から理解するための情報を提供しています。

ご注意

本資料は富士通テクノロジー・ソリューションズ社が、 PRIMEQUESTのグローバル製品を対象として検証したレポートの日本語翻訳です。 本資料には日本製品以外の情報も含まれており、リンク先などは原文のままです。
原文(英語)は Fujitsu Continental Europe, Middle East, Africa & India : Fujitsu x86 Server Benchmarks 【英語】新規ウィンドウが開きます (新しいウィンドウで表示)をご覧ください。

日本での販売製品や問い合わせ先は、当サイトの情報を参照願います。
製品情報はこちら / お問い合わせはこちら

ホワイトペーパー Fujitsu Server PRIMEQUEST
2400E2/2400L2 Memory Scale-up Board性能検証報告
(223 KB)
(5ページ:2015年10月)

Memory Scale-up Board(略称 MSB)はPRIMEQUEST 2400E2/2400L2のCPUを追加すること無しに、 メモリを増設できるユニットです。 このホワイトペーパーではOLTPシステムの性能をMSBの有無で比較することにより、 どの様な場合にMSBが適用できるかを考察します。

性能情報更新履歴

2017年3月

  • 2017年3月7日
    PRIMEQUEST 2800E3 「VMware VMmark V2」測定結果を掲載
    2016年8月10日時点で世界最高性能を更新。

2017年2月

  • 2017年2月9日
    PRIMEQUEST 2800E3 「SPECint_rate2006」「SPECfp_rate2006」測定結果を掲載
    2017年2月8日時点で8CPU搭載サーバとして世界最高性能を達成。

2016年6月

  • 2015年6月9日
    PRIMEQUEST 2800E3 「SAP 2階層SD」「SPECint_rate2006」「SPECfp_rate2006」測定結果を掲載

2015年12月

  • 2015年12月8日
    PRIMEQUEST 2800E2 「TPC-E」測定結果を掲載
    2015年11月11日時点で世界最高性能を達成すると共に、 8CPU構成で世界最高の価格性能比を達成しました。

2015年6月

  • 2015年6月9日
    PRIMEQUEST 2800E2 「SPECfp_rate2006」測定結果を掲載

2015年5月

  • 2015年5月26日
    PRIMEQUEST 2800E2 「SPECint_rate2006」測定結果を掲載
    「SPECint_rate_base2006」において2015年5月19日時点で8CPU搭載サーバとして世界最高性能を達成。
  • 2015年5月19日
    PRIMEQUEST 2800E2 「SAP 2階層SD」測定結果を掲載
    PRIMEQUEST 2800E2 「VMware VMmark V2」測定結果を掲載

    「SAP 2階層SD」においてWindows OS搭載サーバとして世界最高性能を達成しました。「VMware VMmark V2」において世界最高性能を達成すると共に、 4CPU構成における世界最高の電力性能比を達成しました。(注)
    従来モデル「PRIMEQUEST 2800E」と比べて「SAP 2階層SD」で約1.2倍、 「VMware VMmark V2」で約1.4倍の性能向上を実現しています。
    (注)2015年5月12日時点

2014年4月

  • 2014年4月22日
    「TPC-E」測定結果を掲載
    2014年4月14日時点で世界最高性能を達成。
  • 2014年4月10日
    「SAP 2階層SD」測定結果を掲載
    「SPECint_rate2006」測定結果を掲載
    「SPECfp_rate2006」測定結果を掲載
    「VMware VMmark V2」測定結果を掲載

    「SAP 2階層SD」、「SPECint_rate2006」、「SPECfp_rate2006」、「VMware VMmark V2」において8CPU搭載サーバとして世界最高性能を達成しました。(注)
    従来モデル「PRIMEQUEST 1800E2」と比べて「SAP 2階層SD」で約2倍、 「SPECint_rate2006」で約2.5倍の性能向上を実現しています。
    (注)2014年4月4日時点

PRIMEQUESTに関するお問い合わせ

Webでのお問い合わせ

入力フォーム

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

0120-933-200 富士通コンタクトライン(総合窓口)

受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)