モバイルテクノの
取り組み

統合シミュレーションの取り組み

近年、ビジネスのスピードが加速してきており、製品開発においても試作を重ねて開発するスタイルから、試作を行わずに量産開発を1発で実施することが多くなりました。そのためには、製品製作前に机上で評価することができるシミュレーションを活用する機会が増えてきてます。
弊社で無線機器を開発する上での活用する主なシミュレーションの例を示します。

IEEE802.11ahへの取り組み

WALN規格で長距離に数Mbps程度の通信が可能なIEEE802.11ahが登場しました。弊社はその性能検証を、ビル群やノイズが多いアーバンエリアと比較的見通しがよい環境であるルーラルエリアで通信スループットの検証を行いましたので、ご覧ください。

おすすめコンテンツ

ページの先頭へ