モバイルシステム評価サポートサービス

モバイル端末・基地局の開発ノウハウで製品品質の向上に貢献

モバイルシステム評価サポートサービス概要

5Gをはじめとしたモバイルシステムは、さまざまなシステムの基幹インフラとして重要な通信となってきました。無線通信をすることから利便性が高く、見守りシステムや電子決済、遠隔支援システムなど活用シーンは拡大しております。しかしながら、モバイルシステムを活用したサービスを構築する際には、モバイルシステム特有の課題も潜んでます。例えば、走行しながらモバイル通信をする場合、通信先のモバイル基地局が切り替わったり、もしくはモバイル電波の届く強度が時々刻々と変化していくことがあり、通信品質が一定にはならないケースがあります。またエリアによっては5GとLTEが頻繁に切り替わり、スループットが安定しないことも考えれます。海外でのサービスを考える場合、国内ではうまくいっても海外キャリアネットワークサービス差分などにより、障害が発生するケースもありました。
 上記のような問題が発生したときは、見た目上では何が起きたか確認できず、どのように対策をすればよいかわからないケースがあります。このようなケースですがモバイル端末とモバイル基地局との通信ログや電波品質情報を分析をする必要があります。しかしながら、モバイルシステムは複雑でありログの解析は一筋縄ではいかないのと、通信ログを取得するは特殊なツールが必要になります。
 モバイルテクノはこうのようなケースでも、詳細に分析することができ、お客様のモバイルシステムサービスの品質向上に貢献ができます。我々は富士通グループのスマートフォン開発に長年従事してきました。通信ログはもちろんモバイルシステムについて熟知しており、抑えるべき勘所も経験によりノウハウを保有してます。さらにモバイル基地局開発も従事してきており、両方の観点で検証ならびに分析が可能です。

主なサービス内容

モバイル端末評価

これまで富士通製の携帯電話・スマートフォンの開発を担ってきました。3GからGSM,LTE,5Gのモバイル端末の通信部分のハードウェア設計やアンテナ設計、ならびに無線性能評価やプロトコル評価、システム評価を実施してきました。このような経験を20年以上も積み重ねてきており、評価ポイントの勘所を熟知しており、評価系の構築から評価項目の立案、評価実行など迅速に対応が可能です。お客様製品の品質向上に貢献します。

モバイルシステムフィールド評価

モバイルシステムにおいては、実験室で評価を実施してもフィールド(実際の環境)で動作させるとほとんどの確率で想定もしなかった問題が発生します。よってフィールド評価は必要不可欠であります。 ただし、フィールド評価も不具合の発生しやすポイントを抑えた評価が必要です。弊社では長年の経験からお客様の用途に合わせた評価項目立案が可能です。 また、フィールドに問題が発生したときには、現象を分析するための詳細なログを取得して、問題点を明確化し改善提案も可能です。 加えて、フィールド環境と同じような環境を、シミュレータ機器や測定を使用して構築することもでき、試験の効率化ならびに工数削減させながら製品品質向上に貢献可能です。

小型疑似基地局評価系構築サービス

弊社モバイル端末開発に加えて、モバイル基地局開発にも従事してきています。そういった経験を活かし、OSSS(Open Source Code)やSDR(Software Defined Radio)を活用して小型疑似基地局を試作してます。この小型疑似基地局はモバイル端末をつかったアプリケーションの評価に適切な評価系を構築ができます。小型で広いスペースも不要で、SIMの運用コスをかからず、費用を抑えたシステム評価が可能です。 また、海外に行かずに海外対応の周波数(BAND)での評価も可能です。

法的認証、キャリア認証取得支援

これまでモバイル端末開発するにあたり、各キャリアIOT(相互接続性試験)認証や電波法の取得など実施してきました。また、スマートフォンやPCなど世界に製品を送り出すために各国の法的認証やキャリア認証の取得をしてきました。 このような認証を取得するときには、それぞれの端末サービス内容(音声/データ通信、可搬型/据置型など)により項目数が異なり、そのようなノウハウがないと不要な項目も実施することになり費用と時間をことになります

事例をご覧ください

おすすめコンテンツ

ページの先頭へ