5G向け広帯域周波数アップダウンコンバータプラットフォーム

新たに割り当てられる周波数帯で、装置の開発・評価を早期に実現しませんか?

新しい周波数帯の活用が5G/ローカル5Gをはじめとして活発になってきました。しかしながら、新しい周波数帯に対応した装置の導入にあたり、信号発生器や無線送信装置の新たな購入または開発が必要で、時間や多くの費用が掛かります。本製品「5G向け広帯域周波数コンバータプラットフォーム」はそんな悩みを解決します。お手持ちの機器で、新しい周波数帯の開発・評価を手軽に実現することが可能です。

このような悩みを抱えていないでしょうか?

  • 新たに割り当てられる周波数で評価を行いたいが、これらの周波数に対応する機器がない
  • 無線評価系を容易に構築し、信頼性の高い結果を得たい
  • 新しい周波数の無線機器を開発中だが、早期にシステム結合評価(装置結合評価)を実施したい

プラットフォームの性能は?

弊社で試作品として開発した「5G向け広帯域周波数コンバータプラットフォーム」の性能をご紹介します。下記のプラットフォームをベースに、お客様に合わせたコンバータを迅速に提供が可能です。

なぜ選ばれるのか?

安定動作を迅速に実現
性能評価済みプラットフォームを使い、システムもしくは装置への迅速な実装と安定動作を可能に。
広帯域100MHzに対応
帯域内偏差(100MHz以内)2.5db以下、NFを3dB以下に抑えたコンバートが可能。
ユースケースに合わせた柔軟なカスタマイズが可能
IF周波数0.8~6GHzならびにRF周波数24~44GHzに対応。このほかの周波数にもお客様ニーズに合わせてカスタマイズ可能。

「5G向け広帯域周波数コンバータプラットフォーム」についてもっと詳しく

おすすめコンテンツ

ページの先頭へ