GTM-MML4VXJ
Skip to main content

SAP BusinessObjectsを採用したEIMソリューション(経営環境変化に即応する 可視化を超えた情報活用)

(EIM:Enterprise Information Management)

EIMソリューションの概要

EIMソリューションとは

今、企業は、急速に変化する経営環境の中で企業競争力を維持するために、変化スピードを上回る迅速な経営判断と現場の対応力が求められます。EIMソリューションは、企業内に散在する情報の収集・統合から、利用目的に合ったユーザビリティの提供、運用後の品質維持支援まで、企業の戦略的情報活用の実現を支援するソリューションです。また、EIMソリューションは、SAP BusinessObjects を核としたソリューションです。

ソリューションの特徴

  • 利用者層別フロントソリューションによる直感的な表現と操作性の良さで積極的な情報活用をサポート
  • 既存資産を有効活用しながら経営情報の一元化を実現するシステム構築
  • 業種別、業務別KPIの設定など「EIM導入支援、運用支援サービス」の提供

EIMファストスタートパックのご紹介

SAP BusinessObjectsを採用したEIMソリューションをスピーディーに導入することが可能なEIMファストスタートパックを提供し、経営情報の一元化のしくみの構築をご支援致します。

SAPジャパン社との協業について

SAPジャパン社とEIM分野で協業強化(2008年11月~)

富士通とSAPジャパン社においてEIM分野で協業を強化しました。データから経営に役立つ情報へ、可視化ソリューションを共同で提供・サポートします。

  • arrow-next

EIMソリューションの詳細

企業経営に貢献する情報システムの必要性

従来、情報活用、特に分析のしくみ(BI:Business Intelligence) は、分析スキルを持つ人や限られた部門で限られた情報を活用する傾向にありました。
これからは、企業内に散在する情報を統合し、それらを全社レベルで積極的に活用するための情報システムが、迅速な経営判断と現場対応力向上を支える重要な役割を果たします。
これらの情報システムを装備するにあたり、「経営情報の一元化と分析基盤」、「ユーザビリティの向上」などのIT要件に加え、「情報活用のPDCAを廻すしくみ」といった運用後の品質維持まで視野に入れたしくみづくりが、戦略的な情報活用を成功に導きます。

system

富士通のEIMソリューション

EIMソリューションは、企業内に散在する情報の収集・統合から、利用目的に合ったユーザビリティの提供、運用後の品質維持支援まで、企業の戦略的情報活用の実現を支援するソリューションです。

ソリューションの強み・特徴

  • 利用者層別フロントソリューションによる直感的な表現と操作性の良さで積極的な情報活用をサポート
  • 既存資産を有効活用しながら経営情報の一元化を実現するシステム構築
  • 業種別、業務別KPIの設定など「EIM導入支援、運用支援サービス」の提供

EIMソリューション全体イメージ

[ソリューション概要イメージ図]

solution

ソリューション構成

グラフィカルで利便性の高いユーザインターフェース

利用者毎の役割や活用目的に応じた分析をサポートするユーザインターフェース、デバイスをご用意。使い易いツールで積極的な情報活用を実現します。

経営層向けマネジメント・ダッシュボード プッシュ型で直感的な表現で状況変化の把握と原因分析、経営判断をサポート
事業管理ダッシュボード(Xcelsius) 簡易シミュレーション機能を含む操作性の良いダッシュボードで日々の事業分析・改善を実現
レポート作成・分析(SAP BusinessObjects Web Intelligence) 各種レポート作成や明細ドリルダウン分析機能により現場の業務効率化、生産性向上を支援

経営のPDCAサイクルを早く、確実にまわす業績管理ツール群

グループも含めた計画・予算策定プロセスのスピードアップ、予実差異分析と早期アクションをサポートします。

  • 戦略管理
  • 予算管理
  • 連結会計
  • 収益管理

tool

全社情報統合を支えるインフラの提供(データ蓄積、統合連携基盤)

企業グループ全体から常に必要な情報を最新の状態で集約する連携基盤と、大量かつ多頻度のデータ処理を支えるデータウェアハウスインフラをSAP製品ベースにご提供します。

  • arrow-prev
  • arrow-next

EIMファストスタートパック
(SAP BusinessObjectsを使った経営情報の活用でお客様の企業競争力に貢献)

短期導入で運用効果を検証

企業の膨大なデータを経営情報として見える化し戦略的に活用するための「EIM(Enterprise Information Management)ソリューション」について、早期に効果を上げていただくために、ソフトウェア、ハードウェア、サービスをセットにした「EIMファストスタートパック」をご提供致します。
「EIMファストスタートパック」には、BI(Business Intelligence)ソフトウェアの「SAP BusinessObjects」を活用した経営情報分析のシナリオと、分析結果を見える化 する各種レポートを用意しています。
これにより、お客様は、製品別の販売や部品供給などの状況を素早く見える化し、経営に役立てることができます。また、部門や業務単位で優先的に取り組みたい課題部 分から手軽に導入できる商品であり、投資対効果を踏まえて、順次適用範囲を拡大して いくことが可能です。

EIMファストスタートパックの対象範囲

EIMファストスタートパックの対象範囲、Xcelsius Enterprise、SAP BusinessObjects Web Intelligence、SAP BusinessObjects Data Integrator

EIMファストスタートパックのメリット

  • コンパクトなセットでEIM体感
    • データ収集・変換・加工
    • 経営情報一元化
    • 見せる化(フロント機能)
  • ベースシナリオの活用
    • 導入効果
    • 運用のしくみの検証
  • スモール&クイックスタート
    • 初期投資抑制
    • 効果の早期実感

SAP BusinessObjectsによる見せる化

SAP BusinessObjects 統合されたBI環境

SAP BusinessObjects は、Web環境でレポート作成からデータ分析までを高い表現力で実現した統合製品です。
更に、ダッシュボード機能(Xcelsius Enterprise)や、データ収集・変換・加工基盤(SAP BusinessObjects Data Integrator)など、EIM/ETL(注1)機能の装備により、情報活用をフルラインナップで実現します。

(注1)ETL : Extraction,Transformation and Loading

[Xcelsius による表示例]

Xcelsius による表示例

[SAP BusinessObjects Web Intelligence による表示例]

SAP BusinessObjects Web Intelligence による表示例

情報活用のためのフルラインナップ製品

マネジメント層向けダッシュボード機能から、パワーユーザ向け自由検索・レポート機能によるクエリ・多次元分析まで広範囲なユーザインターフェースを提供します。
一般ユーザ向けには、定型帳票・スケジューリング機能により固定レポートを配信します。

SAP BusinessObjects Data Integratorによるデータ収集・変換・加工

信頼と実績のデータ統合を実現

BI製品にETLプロセスが密接に統合されることにより、メタデータの管理や、管理業務の簡潔化、ライフサイクル管理の改善、メンテナンス費用の削減など、IT部門とビジネスユーザー双方にとっての業務改善、効率向上に効果を発揮します。

高い拡張性を持つETL製品

データ量が増大し、許容を超えた遅延が発生するようになると、データ統合ソリューションではパフォーマンスや拡張性が必要になります。
SAP BusinessObjects Data Integratorは、広範な並列処理、インテリジェントな分散処理、リアルタイムのデータ移動を装備した高い拡張性を持つETL機能を提供します。

[データソース、ターゲット、フローなどの設計、テスト、実行が1つのインターフェースで実現可能]

SAP BusinessObjects Data Integrator

EIMファストスタートパック構成

本商品には、「SAP BusinessObjects」、「PRIMERGY」、スタートアップサービス(基本設定、経営情報分析シナリオ、操作教育、トライアル評価など)が含まれています。

  • ご提供価格:基本構成900万円~

SAPジャパン社との協業について

SAPジャパン社とEIM分野で協業強化(2008年11月~)

富士通とSAPジャパン社においてEIM分野で協業を強化しました。データから経営に役立つ情報へ、可視化ソリューションを共同で提供・サポートします。

  • arrow-prev

  • SAP及びSAPロゴ、SAP R/3、mySAP.com、mySAP Businness Suite、その他のSAP製品は、ドイツ及びその他の国におけるSAP AGの商標または登録商標です。
  • その他各種製品名は、各社の製品名称、商標または登録商標です。
  • 本資料に記載されているシステム名、製品名等には、必ずしも商標表示( (R)、TM )を付記していません。

SAPソリューションに関するお問い合わせ

Webでのお問い合わせ

入力フォーム

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

0120-933-200 富士通コンタクトライン(総合窓口)

受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)