GTM-MML4VXJ
Skip to main content

受賞一覧

受賞一覧のバナー

富士通は、技術、特許、社会貢献活動などにおける業績が社外から高く評価され各種の賞を受賞しています。

2017年  2016年  2015年  2014年  2013年  2012年  2011年  2010年  2009年  2008年  2007年  2006年  2005年  2004年  2003年  2002年  2001年  2000年

<2010年>

受賞月日 表彰機関・
団体
受賞名 受賞タイトル/
受賞者(分類)
12月17日 (社)電子情報通信学会 エレクトロニクスソサイエティ レーザ・量子エレクトロニクス研究会 奨励賞(2010年度(第5回)) AlGaInAs系高抵抗埋め込み型DRレーザによる低駆動電流40Gbps直接変調
植竹 理人(研究所)、大坪 孝二(研究所)、松田 学(研究所)、奥村 滋一(研究所)、江川 満(研究所)、山本 剛之(研究所)

(技術)

12月16日 (社)電子情報通信学会 通信ソサイエティ 光通信システム研究会 論文賞(2010年) デジタルコヒーレント伝送システムのための逆伝播型非線形効果補償とその半ブラインド最適化
谷村 崇仁(研究所)、星田 剛司(研究所)、小田 祥一朗(研究所)、田中 俊毅(研究所), 中島 久雄(研究所)、Lei Li (富士通研究開発中心有限公司)、Zhenning Tao (富士通研究開発中心有限公司)、Jens C. Rasmussen(研究所)

(技術)

12月15日 環境省 平成22年度地球温暖化防止活動環境大臣表彰 対策技術導入・普及部門 モーダルシフトによる輸送CO2排出量の削減活動
富士通

(環境)

12月15日 環境省 平成22年度地球温暖化防止活動環境大臣表彰 対策技術導入・普及部門
先進の大学内プライベートクラウド構築によるICT機器のエネルギー大幅削減
国立大学法人北陸先端科学技術大学院大学様、富士通

(環境)

12月14日 HAI (Human-Agent Interaction) プログラム実行委員会 HAIシンポジウム2010 Impressive Experience Award 人に優しい端末を目指す子ぐま型ソーシャルロボット
今井 岳(研究所)、金岡 利知(研究所)、日高 洋士(研究所)、雨宮 智(研究所)、安川 裕介(研究所)、渡辺 一郎(研究所)

(技術)

12月10日 LCA日本フォーラム 第7回LCA日本フォーラム表彰 奨励賞 製品開発活動及び生産活動へのLCAの実践
「LCA算出に伴う設計者入力時間の大幅削減
~製品品番を入力すればLCAが算出できる情報システムの自社開発~」
富士通テン

(環境)

12月9日 IEEE Communications Society Outstanding Service Award 谷口 智彦(研究所)
12月9日 Asia-Pacific Microwave Conference (APMC) APMC Prize (2010) Miniaturized Microwave Tunable Bandpass Filters on High-k LTCC
Mi Xiaoyu(研究所)、川野 陽一(研究所)、豊田 治(研究所)、鈴木 俊秀(研究所)、上田 知史(研究所)、廣瀬 達哉(研究所)、常信 和清(研究所)

(技術)

11月24日 (財)電気科学技術奨励会 電気科学技術奨励賞(第58回) UHF帯RFIDシステムの実用化技術の開発
二宮 照尚(研究所)、甲斐 学(研究所)、馬庭 透(研究所)

(技術)

11月19日 (財)材料科学技術振興財団 第10回 山﨑貞一賞 (材料分野) ArFエキシマレーザリソグラフィ用新規レジスト材料の開発と実用化
武智 敏(富士通セミコンダクター)、野崎 耕司(研究所)

(技術)

11月16日 DMTF (Distributed Management Task Force) 2010 DMTF Star Award DMTFにおけるクラウド向けAPI仕様「API Design for IaaS Cloud Computing Service」提案等に関する標準化活動への貢献
Jacques Durand (Fujitsu America, Inc.)

(標準化)

11月5日 (社)発明協会 関東地方発明表彰
関東経済産業局長賞
特許番号:4037965
CDMA通信システムランダムアクセス方法
須田 健二(研究所)、川端 和生、大渕 一央(研究所)

(特許)

11月5日 グリーン購入ネットワーク 大賞 富士通グループ購買部門における生物多様性保全の取り組み
富士通

(環境)

11月2日 環境省 平成22年度循環型社会形成推進功労者等環境大臣表彰 事業場から排出する廃棄物量の削減を中長期的目標を立て計画的に進め、大幅な削減を実現。
富士通セミコンダクター岩手工場

(環境)

10月28日 Society of Motion Picture and Television Engineers (SMPTE) SMPTE Journal Certificate of Merit (2010) The 4:2:2/4:2:0 Perfect Reconstruction Filter Set and its Application in HD-SNG
中川 章(研究所)

(技術)

10月18日 経済産業省 平成22年度工業標準化事業表彰
内閣総理大臣表彰
環境分野における主導的な国際標準化活動及び我が国の地位向上
森 紘一(元 富士通)

(標準化)

10月18日 グリーン・グリッド日本支部/データセンター・ダイナミクス グリーン・グリッド データセンター・アワード2010
優秀賞
データセンターの継続的なエネルギートレンド監視と省エネWG
富士通

(環境)

10月7日 CEATEC JAPAN 米国メディアパネル・イノベーションアワード デジタルヘルス分野(2010) DNA材料を素材にしたバイオセンサー(1)
安藝 理彦(研究所)、藤田 省三(Fujitsu Asia)、藤原 健志(Fujitsu Asia)、吉瀬 智康(Fujitsu Asia)、ミュンヘン工科大学2名、EXISTプログラム2名
1: ミュンヘン工科大学との共同研究

(技術)

10月5日 グリーンIT推進協議会 グリーンITアワード2010
経済産業大臣賞
IT機器の大幅な省電力に貢献する量子ドットを用いた半導体レーザ
(株)QDレーザ、富士通、国立大学法人東京大学様

(環境)

9月14日 (社)応用物理学会 フェロー表彰 第4回(2010年度) ウエハー貼り合わせおよび不揮発性メモリー技術の開発と産業応用
有本 由弘(研究所)

(技術)

8月27日 (社)情報処理学会 マルチメディア、分散、協調とモバイルシンポジウム(DICOMO) 最優秀論文賞(2010年) ばねモデルを用いた歩行軌跡補間技術
森 信一郎(研究所)、肥田 一生(研究所)、花田 雄一(研究所)、他2名

(技術)

8月27日 (社)情報処理学会 マルチメディア、分散、協調とモバイルシンポジウム(DICOMO) 最優秀プレゼンテーション賞(2010年) ばねモデルを用いた歩行軌跡補間技術
森 信一郎(研究所)

(技術)

8月27日 (社)情報処理学会 マルチメディア、分散、協調とモバイルシンポジウム(DICOMO) 優秀論文賞(2010年) 様々なコンテキストを統一的に利用できるコンテキスト管理プラットフォームの開発
篠原 昌子(研究所), 松倉 隆一, 角田 潤(研究所), 矢野 愛(研究所)

(技術)

8月25日 International Association for Pattern Recognition (IAPR) Fellow Award IAPRの活動ならびに画像処理技術での産業界への貢献
佐々木 繁(研究所)
7月30日 (社)発明協会 全国発明表彰
経済産業大臣発明賞
特許番号:3297272
化学増幅型フォトレジスト用材料の発明
野崎 耕司(研究所)、矢野 映(研究所)、渡部 慶二(研究所)、並木 崇久、小澤 美和(研究所)、牧野 庸子(元 富士通研究所)、武智 敏(富士通セミコンダクター)、小太刀 明子(富士通セミコンダクター)、高橋 真(元 富士通)

(特許)

6月24日 The Conference of Photopolymer Science and Technology (CPST) Outstanding Achievement Award 2010 Development of Adamantane Polymers for 193nm Resists (ArF Resistの開発)
野崎 耕司(研究所)

(技術)

6月18日 (社)情報通信技術委員会 (TTC) 情報通信技術賞 TTC会長表彰 アジア太平洋地域における国際連携活動の創成
小森 秀夫(元 富士通)

(標準化)

6月18日 (社)情報通信技術委員会 (TTC) 情報通信技術賞 功労賞 網間物理インタフェースに関する標準化の推進
小野 威(富士通テレコムネットワークス)

(標準化)

6月18日 (社)情報通信技術委員会 (TTC) 情報通信技術賞 功労賞 ICTと気候変動に関するアップストリーム活動の推進
端谷 隆文

(標準化)

6月10日 (社)人工知能学会 論文賞(2009年度) 多段委任投票の公正化を促進する有力投票者推薦
山川 宏(研究所)

(技術)

6月9日 ロベコ インスティテューショナル アセット マネージメント SAMアワード シルバークラス 富士通グループ
5月31日 (社)情報処理学会 論文賞(平成21年度) レイヤ2ネットワークにおけるループ障害のリモート診断方式
勝山 恒男(研究所)、安家 武(研究所)、野村 祐士(研究所)、若本 雅晶(研究所)、野島 聡(研究所)、他2名

(技術)

5月28日 (社)電子情報技術産業協会 電子情報技術産業協会会長賞 環境配慮設計分野の国際標準化活動への尽力、および我が国の国際競争力強化などへの貢献
古賀 剛志

(標準化)

5月27日 先進的計算基盤システムシンポジウム(SACSIS)運営委員会 最優秀論文賞(第8回(SACSIS 2010)) マルチコアPCクラスタ向けAll-to-all通信アルゴリズムの提案と評価
成瀬 彰(研究所)、中島 耕太(研究所)、住元 真司(研究所)、久門 耕一(研究所)

(技術)

5月22日 (社)電子情報通信学会 業績賞(平成21年度) ディジタルプリディストーション技術による高効率電力増幅装置の実用化
大石 泰之(研究所)、久保 徳郎(研究所)、長谷 和男(研究所)

(技術)

5月17日 IEEE Vehicular Technology Society Top Associate Editor (2009) IEEE Transactions on Vehicular Technology 編集活動への貢献
谷口 智彦(研究所)
5月17日 (財)日本ITU協会 日本ITU協会賞 功績賞
東 充宏

(標準化)

5月17日 (財)日本ITU協会 日本ITU協会賞 国際活動奨励賞
栃尾 祐治(研究所)

(標準化)

5月17日 (財)日本ITU協会 日本ITU協会賞 国際活動奨励賞
端谷 隆文

(標準化)

4月13日 文部科学省 文部科学大臣表彰 科学技術賞(開発部門)(平成22年度) 光通信用40G LN光変調器の開発
箱木 浩尚(富士通オプティカルコンポーネンツ)
田中 剛人(富士通オプティカルコンポーネンツ)
土居 正治(富士通オプティカルコンポーネンツ)
杉山 昌樹(富士通オプティカルコンポーネンツ)

(技術)

3月16日 (社)日本機会学会 情報・知能・精密機器部門 ベストプレゼンテーション表彰(2009年度) Feasibility Study of Ultra-Low Particle Content Media Overcoat Deposited by FCA Method for 2Tbpsi HDDs
中村 哲一(研究所)

(技術)

3月14日 ACM International Symposium on Physical Design (ISPD) Best Paper Award (2010) B-Escape: A Simultaneous Escape Routing Algorithm Based on Boundary Routing
澁谷 利行(Fujitsu Laboratories of America), 他4名

(技術)

3月9日 (社)情報処理学会 山下記念研究賞(平成21年度) GPGPU上での流体アプリケーションの高速化手法 ~1GPUで姫野ベンチマーク60GFLOPS超~
成瀬 彰(研究所)

(技術)

3月9日 (社)情報処理学会 山下記念研究賞(平成21年度) メンバ間協力関係の図示ツールとその事例による評価
鵜飼 孝典(研究所)

(技術)

2月4日 川崎市 低CO2川崎パイロットブランド’09 省エネ型ブレードサーバーシステム「PRIMERGY BX900シリーズ」
富士通

(環境)

2月3日 International Conference on Optical Networking Design and Modeling (ONDM) Best Paper Award (14th, 2010) Traffic Grooming and Regenerator Placement in Impairment-Aware Optical WDM Networks
Xi Wang(1), Qiong Zhang(1), Paparao Palacharla(1), 内藤 崇男(1), 他3名
1: Fujitsu Laboratories of America

(技術)

1月28日 (社)電子情報通信学会 通信ソサイエティ ネットワークソフトウェア研究会 ネットワークソフトウェア研究奨励賞(2009年) クラウドシステムにおけるネットワーク仮想化方式 ~IPトンネリング方式の提案と評価~
菊地 俊介(研究所)

(技術)

研究所:株式会社富士通研究所

GTM-NPL52N