GTM-MML4VXJ
Skip to main content
GTM-NPL52N

受賞一覧

受賞一覧のバナー

富士通は、技術、特許、社会貢献活動などにおける業績が社外から高く評価され各種の賞を受賞しています。

2017年 2016年  2015年  2014年  2013年  2012年  2011年  2010年  2009年  2008年  2007年  2006年  2005年  2004年  2003年  2002年  2001年  2000年

<2017年>


受賞月日 表彰機関・
団体
受賞名 受賞タイトル/
受賞者(分類)
6月20日 一般社団法人 情報通信技術委員会 TTC会長表彰
「IoTエリアネットワーク向けサービスプラットフォームに関する標準化及び普及にかかわる功績」
松倉 隆一(研究所)

(標準化)

6月20日 一般社団法人 情報通信技術委員会 TTC功労賞
「企画戦略委員会委員として時代に即応した標準化活動に関わる功績」
東 充宏

(標準化)

6月15日 一般社団法人 電波産業会 一般社団法人電波産業会代表理事表彰
テラヘルツ波無線伝送技術の研究開発
中舍 安宏(研究所)

(標準化)

5月23日 (一社)情報処理学会 情報規格調査会 標準化貢献賞
SQuaREシリーズ(システム及びソフトウェア製品の品質要求及び評価)規格に関するSC7/WG6委員会活動及び国内委員会における幹事活動
大橋 剛和

(標準化)

5月17日 一般財団法人 日本ITU協会 日本ITU協会賞 功績賞
3GPP活動に対するIMTファミリー(W-CDMA、LTE、LTE-Advanced)会合の主導および第5世代モバイル推進フォーラム(5GMF)におけるIMT-2020検討の推進。
中村 隆治

(標準化)

4月26日 (公財)新技術開発財団 市村産業賞 功績賞(第49回)
超高性能かつ超高信頼なオンライン基幹システムの基盤技術開発
山本 昌司、飯野 健二、田中 環

(技術)

4月19日 文部科学省 文部科学大臣表彰 科学技術賞(開発部門)(平成29年度)
高速100Gビット光通信モジュールの開発
古川 博之(富士通オプティカルコンポーネンツ)、小林 泰山、山根 隆志(富士通オプティカルコンポーネンツ)、久保田 嘉伸(富士通オプティカルコンポーネンツ)、岩本 昌熙(富士通オプティカルコンポーネンツ)

(技術)

4月19日 文部科学省 文部科学大臣表彰 科学技術賞(開発部門)(平成29年度)
超並列計算機のためのプロセッサの高次元接続技術の開発
安島 雄一郎、井上 智宏、平本 新哉

(技術)

4月19日 文部科学省 文部科学大臣表彰 科学技術賞(理解増進部門)(平成29年度)
ロボット製作体験による子供たちのロボット科学への理解増進
江口 かおる (富士通コンピュータテクノロジーズ)、他2名

(技術)

2月14日 一般社団法人 科学技術と経済の会 第5回技術経営・イノベーション賞 科学技術と経済の会会長賞
生産者から経営者へ"Akisai"で農業経営にイノベーションを
大塚 尚子, 輪島 章司

(技術)

1月26日 日刊工業新聞社 2016年(第59回)十大新製品賞 本賞
AI技術「Human Centric AI Zinrai」
富士通

(技術)

研究所:株式会社富士通研究所