GTM-MML4VXJ
Skip to main content

受賞一覧

受賞一覧のバナー

富士通は、技術、特許、社会貢献活動などにおける業績が社外から高く評価され各種の賞を受賞しています。

2017年  2016年  2015年  2014年  2013年  2012年  2011年  2010年  2009年  2008年  2007年  2006年  2005年  2004年  2003年  2002年  2001年  2000年

<2009年>

受賞月日 表彰機関・
団体
受賞名 受賞タイトル/
受賞者(分類)
12月10日 IEEE International Symposium on Radio-Frequency Integration Technology (RFIT) Best Paper for Oral Presentation カーボンナノチューブを用いた100Wクラス次世代基地局用増幅器の実装技術
曽我 育生(研究所)、近藤 大雄(研究所)、山口 佳孝(研究所)、岩井 大介(研究所)、吉川 俊英(研究所)、常信 和清(研究所)

(技術)

12月9日 日本経済新聞社 第36回日経産業新聞広告賞 「情報・エレクトロニクス部門賞」 リモートセンシング技術

(広告)

12月2日 環境省 平成21年度地球温暖化防止活動環境大臣表彰
技術開発・製品化部門
消費電力およびデータセンター全体の空調への負荷に配慮したブレードサーバシステムPRIMERGY BX900の開発製品化
富士通

(環境)

11月27日 フジサンケイビジネスアイ 第48回ビジネス広告大賞 「ビジネス広告大賞(グランプリ)」 PRIMERGY 静音性シリーズ

(広告)

11月26日 (財)電気科学技術奨励会 文部科学大臣奨励賞および電気科学技術奨励賞(第57回) 手のひら静脈認証
遠藤 利生(研究所)、浜 壮一(研究所)、塩原 守人(研究所)

(技術)

11月26日 (財)電気科学技術奨励会 電気科学技術奨励賞(第57回) 携帯電話による色覚認知補助技術の開発
吉本 浩二(富士通デザイン)、伊藤 智之(富士通デザイン)

(技術)

11月18日 IEEE Computer Society Seymour Cray Computer Engineering Award 三浦 謙一(研究所)

(技術)

11月5日 (社)発明協会 関東地方発明表彰
栃木県知事賞
特許番号:3479935
CDMA移動通信システムハンドオーバ方法
矢野哲也(研究所)、川端和生(研究所)、大渕一央(研究所)

(特許)

11月5日 (社)発明協会 関東地方発明表彰
神奈川県支部長賞
特許番号:4063392
高速信号伝送システム
田村 泰孝(研究所)

(特許)

11月4日 International Association of Science and Technology for Development (IASTED) Best Paper Award (Parallel and Distributed Computing and Systems (PDCS) 2009) Design and Implementation of ITcell System: Towards the Next-Generation Data Center for Cloud Computing
繁田 聡一、Andreas Savva(研究所)、今井 祐二(研究所)、吉田 武俊(研究所)、福井 恵右(研究所)、西川 克彦(研究所)、岸本 光弘(研究所)

(技術)

10月5日 グリーンIT推進協議会 グリーンITアワード2009
「ITによる社会の省エネ」部門
経済産業省 商務情報政策局長賞
モーダルシフトシミュレーションによるCO2削減提案活動
鈴与株式会社様、富士通

(環境)

10月5日 グリーンIT推進協議会 グリーンITアワード2009
「ITの省エネ」部門
審査員特別賞
消費電力およびデータセンター全体の空調への負荷に配慮したブレードサーバシステム
富士通

(環境)

9月11日 (社)情報処理学会 モバイルコンピューティングとユビキタス通信研究会 優秀発表賞(2008年度(第47回研究発表会)) 車車間通信サービスにおける通信品質の解析 ~通信特性のモデル化~
今井 悟史(研究所)、宇式 一雅(研究所)、川崎 健(研究所)、藤野 信次(研究所)

(技術)

8月27日 (社)情報処理学会 マルチメディア、分散、協調とモバイルシンポジウム(DICOMO) 優秀論文賞(2009年) 車車間通信サービスにおけるCSMA/CA通信品質の解析
今井 悟史(研究所)、宇式 一雅(研究所)、藤野 信次(研究所)、町田 守、森谷 正義、他3名

(技術)

8月5日 e-Learning WORLD 2009 実行委員会
日本工業新聞新社(フジサンケイ ビジネスアイ)
第6回日本e-Learning大賞 経済産業大臣賞 フルハイビジョン実写映像可変速再生技術を活用した『鉄道運転シミュレータ』とe-Learningを連携させた学習システムの効果
富士通

(技術)

7月16日 厚生労働省、日本赤十字社、長崎県 第45回献血運動推進全国大会 厚生労働大臣表彰 富士通 那須工場
7月13日 (社)情報処理学会情報規格調査会 標準化貢献賞 プログラム言語Fortranの標準化への貢献
田中 稔

(標準化)

7月9日 (社)電気化学会 電子材料委員会 半導体・集積回路技術シンポジウムアワード(第73回(2009年)) 有機酸ドライクリーニングによるコンタクトビア形成による歩留り・信頼性の向上
中田 義弘(1)、中村 友二(1)、水島 賢子(1)、尾崎 史朗(1)、石川 健治(2)、工藤 寛(2)、筑根 敦弘(2)、中石 雅文(2)、秋山 深一(2)、林 雅一(2)、アクバル・アデ・アスネイ(2)、河野 隆宏(2)、岩田 浩(2)、射場 義久(2)、二木 俊郎(2)、杉井 寿博(2)、他1名
1:富士通研究所、2: 富士通マイクロエレクトロニクス

(技術)

7月1日 (株)電通 第62回広告電通賞 「新聞生活文化部門最優秀賞」 共連れ防止機能

(広告)

6月23日 (社)情報通信技術委員会 功労賞 企画戦略委員会委員として時代に即応した標準化活動にかかわる功績
竹内 滋

(標準化)

6月23日 (社)情報通信技術委員会 功労賞 企業ネットワークの標準化活動にかかわる功績
那須野 洋一

(標準化)

6月23日 (社)情報通信技術委員会 功労賞 TTC IPRポリシーに関する諸規定の制改定にかかわる功績
山根 一雄

(標準化)

6月23日 (社)情報通信技術委員会 功労賞 次世代ネットワークの管理の原則(M.3060)のダウンストリームにかかわる功績
槇 一光(富士通テレコムネットワークス)

(標準化)

6月22日 Asia-Pacific Association for Machine Translation (AAMT; アジア太平洋機械翻訳協会) AAMT Nagao Award (4th, 2009) 機械翻訳ソフト/サービスの普及、並びに、機械翻訳の発展/啓蒙への貢献
富士 秀(研究所)、他3名
6月13日 (社)日本知財学会 第6回 日本知財学会産業功労賞 富士通

(知財活動)

6月2日 川崎市 平成21年度 川崎市環境功労者表彰 富士通 川崎工場

(環境)

5月29日 (社)電子情報技術産業協会 電子情報技術産業協会会長賞 IEC/TC111(電子電機機器の国際環境標準)国際議長の功績
森 紘一

(標準化)

5月20日 (社)電気通信協会 第9回 ICT事業奨励特別賞 らくらくホン
佐相 秀幸

(技術)

4月14日 文部科学省 文部科学大臣表彰 若手科学者賞(平成21年度) 量子暗号通信に向けた通信波長帯単一光子源の研究
竹本 一矢(研究所)

(技術)

4月14日 文部科学省 文部科学大臣表彰 科学技術賞(開発部門)(平成21年度) 磁気交換結合による熱安定性磁気記録媒体の開発
溝下 義文、岡本 巌(山形富士通)、E.Noel Abarra(元富士通)

(技術)

4月14日 文部科学省 文部科学大臣表彰 科学技術賞(開発部門)(平成21年度) デジタル放送受信パソコン・コンテンツ保護技術の開発
齋藤 邦彰、山口 剛、牛若 恵一、小檜山 清之(研究所)、藤山 博之(富士通マイクロエレクトロニクス)

(技術)

4月7日 (社)日本機械学会 奨励賞(技術)(2008年度) 分子潤滑膜の被覆率測定方法に対する分子動力学法を用いた検証についての研究
伊海 佳昭(研究所)

(技術)

3月23日 (財)電気通信普及財団 電気通信普及財団賞 テレコムシステム技術賞(第24回(2008年度)) Spectrum Requirement Planning in Wireless Communications: Model and Methodology for IMT-Advanced 他
東 充宏(研究所)、他3名

(技術)

3月11日 (社)情報処理学会 山下記念研究賞(平成20年度) 電力見える化によるソフトウェア無駄電力の削減
田宮 豊(研究所)

(技術)

2月20日 nano tech 実行委員会 nano tech 大賞 IT・エレクトロニクス部門 部門賞(2009年) 将来のエレクトロニクスに向けた「カーボンエレクトロニクス」実現への取り組み
富士通、富士通研究所

(技術)

1月20日 Asian South Pacific Design Automation Conference (ASP-DAC) Best Paper Award (14th, 2009) Efficiently Finding the 'Best' Solution with Multi-Objectives from Multiple Topologies in Topology Library of Analog Circuit
劉 宇(研究所)、吉岡 正人(研究所)、本間 克己(研究所)、澁谷 利行(Fujitsu Laboratories of America)

(技術)

1月19日 (財)機械振興協会 平成20年度 第6回新機械振興賞 機械振興協会会長賞 磁気ヘッド・サスペンション調整技術の開発
松下 直久、牛丸 明彦、古井 寿一、野村 進直、長内 守(富士通オートメーション)、真田 正(富士通オートメーション)、渡辺 晴彦(富士通オートメーション)

(技術)

研究所:株式会社富士通研究所

GTM-NPL52N