GTM-MML4VXJ
Skip to main content

知的財産

富士通の知的財産

富士通グループは、事業戦略および技術戦略と一体的に知財戦略を実施し、経営に資する知的財産を構築しています。
また、富士通グループの社員一人ひとりの行動の原理原則を定めた「FUJITSU Way」では、「知的財産を守り尊重する」ことを、行動規範として規定しています。

知的財産規定

特許取得活動

富士通グループは、特許を重要な経営資源の一つと考え、活発な特許取得活動を行っています。特に、事業戦略や技術戦略に基づく重要なテーマについて、集中的に発明を創出し、特許出願を行っています。また、グローバルビジネスの強化に伴い、日本から米州・欧州・アジアなどへの特許出願と、海外の研究開発拠点からの発明抽出および特許出願を積極的に行っています。出願後は各特許出願について実施状況等を踏まえ定期的に見直し、ポートフォリオの強化を図っています。

知的財産の活用方針

富士通グループは、保有する技術やデザイン・ブランドを、知的財産で支えることによって、より効果的に製品やサービスを差異化して事業の競争優位性を確保しています。また、より良い条件で他社との連携を図り事業の自由度の確保を実現しています。さらに、事業環境の変化に対応し、たとえば、知財オープン化や共創による市場創出やイノベーション促進、エコシステムづくりをめざし、新たな知財活用を推進しています。

知的財産の活用

クロスライセンス

事業の自由度を確保するために欠かせないものとして、複数の企業とクロスライセンス契約を締結しています。

国際標準化

ICT分野では、標準化した技術を各社が利用し、相互接続性や互換性を保ちながら様々な製品・サービスを提供することで、大きな市場が形成されていくため、この標準をうまく活用することが重要です。
富士通グループは、事業戦略と標準化活動を連動させ、ISO、IEC、ITU、IEEE、3GPP、OASIS、OMG、DMTFをはじめとする世界の主要な標準化団体に参画し、グローバルな標準規格策定を進めています。これと共に、標準化に関連する特許を確保し、各種特許プールにライセンサーとして参加することで、特許の有効活用をしています。

有償開放特許

富士通グループが所有している特許の中には、事業戦略の変化に伴い富士通自身では使用しなくなったものや、他の企業に活用していただいた方が、より高い価値を創造できるものがあります。このような特許を技術シーズとして、他社に積極的にライセンスしています。

有償開放特許

ブランドと商標

富士通グループは、ブランドを重要な経営資源の一つと考えています。2010 年に策定したブランドプロミス「shaping tomorrow with you」の浸透を図るとともに、ブランドプロミスを視覚的に表現したブランドグラフィックを決定し、ブランドを全世界で確立していくことを目指しています。

ブランドと商標 ブランドグラフィックはブランドプロミスを実践する上で最も重要となる『お客様との対話』をコンセプトに、FUJITSUのシンボルマークの『F』をベースにデザインしたもので、視覚的にユニークで記憶に残るインパクトを生み出しています。
また、2013年度より、企業ブランド(FUJITSU)と商品ブランド名との連想を強化するとともに、お客様が商品・サービスを検索したり、概要を理解することを容易にするよう、商品名称ルールを改めました。この施策により、グローバル市場におけるFUJITSUブランドの更なる訴求を進めています。
富士通は、インターブランド社のJapan's Best Global Brands 2016*において、29位にランクインしています。
こうしたブランド価値を守るため、商品やサービスの名称について、商標権の取得を積極的に進めています。

*グローバルに展開される日本発のブランドについて、そのブランド価値を明らかにし、世界基準でそのポジションを相対比較することを目的に、毎年、インターブランド社が発表しているもの。

知的財産報告書

富士通では、2006年度から2014年度まで知的財産報告書を発行してきました。この知的財産報告書では、富士通の知的財産戦略の目的と位置付けをはじめ、各種の取り組みや統計情報など、多くの情報を開示しています。また、2015年度からは、知的財産活動のご紹介を掲載します。

GTM-NPL52N