自治体におけるAI/RPAの取り組み

少子高齢化の進行で予想される働き手不足への対応策として、最新テクノロジーであるAIや RPA(Robotic Process Automation = 伝票入力やExcelからのデータ転記などのPC操作手順の自動化)を活用した業務の大幅な効率化や、官民のデータを活用した飛躍的なサービス向上の取り組みが、行政分野でも各所で進められています

国の動向

ICT分野(データ他利活用と働き方改革)を国家戦略として位置付けた、国の動向や各省庁の取り組み例と概要をご紹介します。

富士通のAI/RPAにおける取り組み

富士通では、AIについては「Zinrai」、RPAについては「ACTIBRIGDE」にて、技術・サービスを体系化して提供しています。

RPAの検討・進め方

富士通は、政府主導の働き方改革の推進にあわせた業務効率化、少子高齢化に伴う労働力不足などの対応策としてのRPAの進め方をご提案します。

AI/RPAの取り組み事例

富士通の自治体様向けに行っている、AIのマッチング技術や、あいまい検索技術を活用し、自治体様と一緒に様々な実証実験事例をご紹介します。

自治体ソリューションに関するお問い合わせ

Webでのお問い合わせ

  • 入力フォーム

    当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

  • 0120-933-200
    (通話無料)

    富士通コンタクトライン(総合窓口)
    受付時間 9時~17時30分(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)

ページの先頭へ