GTM-MML4VXJ
Skip to main content

RPAの検討・進め方

政府主導の働き方改革の推進にあわせた業務効率化、少子高齢化に伴う労働力不足などの対応策として、RPAに注目が集まっています。

RPAとは?

事務所内で行われているホワイトカラー業務において、従来人間がPC操作で行っている業務を自動化することです。ルールエンジンや認識・記録技術を備えたソフトウェアロボットが主流ですが、将来的にはAIと連携し、人間の判断無く自動化を実現することを目指してます。

富士通自治体ソリューションのAI/RPA適用のイメージ図
【富士通自治体ソリューションのAI/RPA適用】

RPAの活用範囲と富士通の主なRPA製品について

RPAには、3つの段階があり、現時点で実用化が進んでいるのは、下記の図のClass 1 になります。
今後も進化すると見られ、与えられた指示を適切に解釈し、時には人や他のRPAと連携しながら、自律的に業務をこなすことが見込まれます。

RPAの活用についての3つの段階(定型業務の自動化、非定型業務の自動化、業務の自律的なAI化)をまとめた図
【RPAの活用について3つの段階】

富士通の主なRPA製品はグループ会社を含め3つあり、今後対象製品を拡充予定です。

FUJITSU Software Axelute (富士通)Open a new window

  • デスクトップ型RPA
  • 記録方式はオブジェクト方式、座標方式の2パターン
  • シナリオ編集は専用画面、多重実行は不可、スケジュールは別管理

GUI自動化・RPAツール QualityPartner 「GENEST(ジェネスト)」 (富士通コンピュータテクノロジーズ)Open a new window

  • デスクトップ型RPA
  • 記録方式はOCR/画像方式、座標方式の2パターン
  • シナリオ編集は専用WEBとExcel、多重実行は不可、スケジュールは別管理

FUJITSU Software EntreQue V3 (富士通関西中部ネットテック)Open a new window

  • サーバ型RPA
  • 記録方式はオブジェクト方式、画像認識の2パターン
  • シナリオ編集はExcell編集、多重実行は100台可能、スケジュール管理可能

RPAの進め方

富士通は、全体計画策定、机上検証、POC、評価検証、構築まで、3つの観点(業務改善、システム改修、RPAツール選定)にて、ご提案しております。

RPAの進め方をまとめた図
【RPAの進め方の図】

富士通の自治体様向けRPAにおける取り組み事例をご紹介

  • 自治体様 住宅管理システム入力実証事業
  • 一宮市様「市民税業務へのRPA適用における職員作業効率化」
  • 和歌山県様および大阪府様RPAを活用した実証事業


行政分野でのAIやRPAの事例をご紹介

自治体ソリューションご導入に関するお問い合わせ・ご相談

Webでのお問い合わせ

入力フォーム

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

0120-933-200 富士通コンタクトライン(総合窓口)

受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)