主要コンポーネント

FUJITSU Server PRIMEQUEST 3000シリーズの構成概念図と各コンポーネントの概説です。
詳細については、ハードウェアマニュアルをご参照ください。

主要コンポーネント

  • システムボード(SB)
    CPUとメモリを搭載するボード。
  • I/Oユニット(IOUE)
    PCIカードを搭載するボード。LANポートを2ポート搭載する。
    • IOユニット:
      Low ProfileのPCIeカードを4枚搭載可能
      オンボードの10GBASE-Tを2ポート搭載
  • ディスクユニット(DU_SAS/DU_PCIE/DU_M)
    内蔵ストレージを搭載するユニット。
    • ベースユニットにDU_SAS/DU_PCIEを2台搭載可能
    • MMB_Disk_UnitにDU_Mを4台搭載可能
    • DU_PCIEにPCIe SSD SFFを4台搭載可能
    • DU_SAS/DU_MにSAS HDD/SFFを4台搭載可能
  • PCIボックス(PCI_BOX)
    IOユニットに搭載した専用カード経由で接続し、最大12枚のI/Oカードを搭載可能。ホットプラグ対応。
  • UPIネットワーク
    SBとSB、CPUとCPUを繋ぐ信号線
    ※物理的位置はミッドプレーン (MP) / SB上
  • Flexible I/O
    SBおよびIOユニット上にあるPCIeスイッチにより、CPUからのI/O処理命令を各I/Oへと振り分ける

FUJITSU Server PRIMEQUESTに関する資料請求・お見積もり・ご相談

Webでのお問い合わせ

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

ページの先頭へ