GTM-MML4VXJ
Skip to main content

FUJITSU Integrated System PRIMEFLEX
ハイパーコンバージドインフラストラクチャー(HCI)
特長

富士通が提案する新たなインフラのスタイル

富士通のハイパーコンバージドインフラストラクチャー(HCI)PRIMEFLEXは、Software Defined Storage(SDS)技術により、ストレージをサーバに統合することでシンプルな構成を実現しました。
また、富士通独自ソフトウェア「Infrastructure Manager for PRIMEFLEX」(以下、ISM for PRIMEFLEX)によって導入・運用・拡張における煩雑さを排除します。
シンプルで手軽な次世代プラットフォームとして、お客様の経営環境の変化に合わせた、簡単・柔軟なインフラ運用を可能とし、投資の最適化を実現します。

ハイパーコンバージドインフラストラクチャー(HCI)とは

ハイパーコンバージドインフラストラクチャー(HCI)は、一般的なx86サーバにコンピューティング機能とストレージ機能を統合し、シンプルな構成を実現した仮想化基盤です。

外部接続の共有ストレージ装置は必要とせず、Software Defined Storage(SDS)技術をもちいて、サーバの内蔵ストレージを全サーバからアクセスできる仮想的な共有ストレージとして利用可能にします。

【特長1】 安心のスピード導入

設計済み・セットアップ済みで導入、
導入後も安心のワンストップサポート

  • 設計済み・最適化された仮想化基盤
  • 工場セットアップ済みで即時利用可能
  • 安心のワンストップサポート
    (運用・保守サービス SupportDesk)
詳細を見る

設計作業を大幅に削減

富士通のノウハウで統合し、設計・最適化された仮想化基盤が導入前作業を大幅に削減します。

また導入時に、お客様のご要望に合わせた機器構成のカスタマイズを可能としており、スピーディーな導入が可能です。

工場セットアップ済みで即時利用可能

PRIMEFLEX for VMware vSANの導入サービスを組み合わせることで、工場でセットアップまで実施して納品されるため、設定不要で電源投入後、即時利用可能です。システム稼働までの期間を大幅に削減します。

安心のワンストップサポート(運用・保守サービス SupportDesk)

ハードウェア/ソフトウェアに関する各種専門技術者が、お客様の問題を一括でサポートし、ユーザーの運用負荷を軽減します。

【特長2】優れた柔軟性と高い拡張性

インフラ投資の最適化

  • 最小2ノードからのスモールスタート
  • 簡単かつ迅速な増設
詳細を見る

最小2ノードからのスモールスタート

サーバだけのシンプルな構成で最小2ノードからのスモールスタートが可能。小さく導入して規模に応じて大きく拡張することが可能です。
最大64ノードまで増設可能で、利用者の増加や業務負荷の増大によってリソースが不足した場合、ノード単位の増設に加えて、CPU/メモリ/内蔵ストレージ単位の増強も可能です。

簡単かつ迅速な増設

機器増設作業は、インフラ統合運用管理ソフトウェアの機能である自動構築ツールによって、簡単、迅速に実施することが可能で、従来と比較して作業工数50%削減(注)することができます。

(注)当社の標準手順に基づき算出。削減効果をお約束するものではありません。

【特長3】簡単運用

専用ソフトウェアがもたらす新たなインフラ運用

  • わかりやすい管理画面
  • 使い慣れた仮想化管理ツールからシステムを一元管理
  • 管理者の負荷を軽減する多様な機能

PRIMEFLEXの専用ソフトウェア「ISM for PRIMEFLEX」は、直感的な視認性と操作性、多様な自動化機能を提供。
インフラの構築・運用・管理を一層、省力化させます。

詳細を見る

わかりやすい管理画面

機器の管理は直感的な操作を可能とするGUIで一元化。吸気温度や消費電力などの状況監視や、各機器の詳細情報の一括管理を実現します。
3Dカラー画面で機器の配置を確認することが可能で、異常発生時などは色を変えて表示することで認識性が向上し、容易に障害箇所の特定できます。

使い慣れた仮想化管理ツールからシステムを一元管理

ISM for PRIMEFLEXは、仮想化管理ツールのプラグインを提供しており、使い慣れた管理ツール画面からシステムを一元管理することができます。
さらに、ISM for PRIMEFLEXでは、物理環境と仮想環境をまとめて管理できるだけでなく、PRIMEFLEX for VMware vSAN以外の他社製ハードウェア(注)も含めた別システムまでも、単一の画面から管理することが可能。各々の管理画面を立ち上げる必要がなくなり、シンプルな運用を実現します。

(注)対象は当社担当営業、販売パートナーにお問い合わせください。

管理者の負荷を軽減する多様な機能

ファームウェア適用に関する作業を自動(ローリングアップデート)で行うことで、管理者の作業工数を大幅に削減できます。自動化することで手順違いを防止します。
ハードウェア、OSのログを一括収集することが可能です。定期的にログを収集することで管理工数削減を実現します。

ICTインフラ管理を統合・可視化・自動化

関連情報

バックアップ

ネットワーク仮想化

必見 ハイパーコンバージドインフラストラクチャー(HCI)注目情報

カタログ・資料 ダウンロード

お問い合わせ

PRIMEFLEX(HCI)に関する資料請求・お見積もり・ご相談

Webでのお問い合わせ
入力フォーム
当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ
0120-933-200 富士通コンタクトライン(総合窓口)
受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)

GTM-M3NNR6M