5G/ローカル5G

2020年春より商用サービスが開始された次世代モバイル通信「5G」により、これまでにない新しいサービスへの期待が高まっています。さらに、企業や自治体が専用の5G環境を構築・運用できる「ローカル5G」の普及により、多くの企業がデジタル革新をスタート・促進できるようになります。
富士通は、全国のサービス事業者のインフラ構築を支援するとともに、ローカル5Gにも積極的に取り組みます。

5Gでつながる未来を創造

ピックアップ

新ソリューション

5Gと映像による高精度位置測位ソリューション

ミリメートル単位でリアルタイムに人やモノの位置を測定することが可能。
5GとAIセンシング技術を掛け合わせたソリューションで、「人とロボットの協調作業」「リアルとデジタルの融合」を目指します。

オンラインセミナー

オンラインセミナー

ローカル5Gとは

ローカル5Gとは、企業や自治体などが自社専用の5G環境を構築・運用できるネットワークです。利用にあたっては無線局免許が必要ですが、電波の干渉がないため通信の安定性が高い、接続端末が移動しても通信が切れにくい、広範囲をカバーすることができる、などの特徴を活かした高速通信が可能になります。また、SIM認証によって接続端末を制限することもできるため、セキュリティを高めることも可能です。

デジタル革新のスタート・加速

ローカル5Gの自営的利用
  • 占有できる
    通信環境
  • 災害・緊急時の
    通信手段確保
  • 柔軟な通信
    エリアづくり

ニーズに応じて、地域の企業や自治体等が柔軟に構築できる5Gシステムです。
通信事業者によるエリア展開がすぐに進まない地域でも独自に5Gシステムを構築・利用することが可能です。
5Gネットワークを保有することにより、社内システム・エンドユーザへのサービスの自由度が増します。

5G
  • 通信速度・
    容量の向上
  • 同時接続数の
    増加
  • 遅延時間の
    削減

5Gには大きく3つの特長があります。
「超高速・大容量」「超低遅延」「多数同時接続」です。
この3つの特長により、業種分野を問わず、多様な用途にて5Gが活用されます。

ローカル5Gと富士通の取り組みについての資料は、以下のボタンからダウンロードいただけます。

利活用シーン

業種別 利活用シーンPDFダウンロード

製造組立、社会インフラ、文教における具体的な利活用シーンをご紹介

動画でみるローカル5G利活用シーン

製造現場の高度化を実現するローカル5Gの具体的な活用シーンをご紹介

プロセス製造編

組立製造編

ローカル5G免許取得について

ローカル5Gを利用するには無線局免許の取得をはじめとする様々な準備が必要となります。
無線局免許取得の流れとローカル5G導入をサポートするサービスについて動画と共にご紹介いたします。

What's New

5Gに関するお問い合わせ

「5G」に関するお問い合わせ・ご相談

Webでのお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

ページの先頭へ