ローカル5Gスタンドアロンシステム​

Fujitsu Network PW300​

コンセプト

近年、ローカル5GやプライベートLTEなどの無線ネットワークを利用することを検討している企業や自治体などが自営で無線基地局を構築し運用する需要が急速に高まっています。

Fujitsu Network PW300は、5G方式により自営無線ネットワークを構築するネットワーク製品です。4.7GHz帯のスタンドアロン構成に対応し、高速・大容量通信をフルに活用したサービスの提供が可能です。

製品の特長

  • ローカル5Gでの自営無線ネットワーク

    • モバイルキャリアの公衆5Gサービスと同じ通信方式であり、「カバーエリアが広い」「通信品質が安定」「通信の秘匿性の確保」など特長がある。
    • 工場、病院、企業、自治体などが、自営の無線ネットワークを構築・運用することで、独自のサービスをユーザへ提供可能。
    • 提供サービスや規模、運用ポリシーに応じて、柔軟なネットワーク構築が可能
      - エリアが異なる複数の拠点を収容し、サービスエリア化が可能(多拠点CUPS)
      - セキュリティ確保のため、通信ごとに仮想ネットワークを構成可能(マルチAPN)
      - サービスの継続を維持するため、5Gネットワークの核となる5Gコアの冗長化が可能(5Gコア 二重化運用)
  • 屋内、屋外両方の設置に対応

    • ローカル5Gシステムを5GC~RU、監視システム(EMS)までの製品をトータル提供。
    • 屋外用RU/屋内用RUにより、ユースケースに合わせた柔軟なエリア化が可能。
  • 仮想化対応したソフトウェアでの提供

    • 基地局をソフトウェアで実現することにより、新機能追加に柔軟に対応。
    • 5Gコア、EMSをクラウド上に設置することによるサーバの導入や保守が不要。
  • スモールスタートに適したスターターキットの提供

    • 手軽に導入可能な小規模ローカル5Gシステム。スモールスタートに最適。
    • 5Gコア、CU、EMSを1台のサーバ上に実装したシンプルな構成。段階的なシステム拡張にも対応。
    • 当社工場でセットアップして提供。現場作業を軽減し、5Gネットワークの早期立ち上げが可能。
    • 標準構成の約1/3(標準価格比)の費用で初期導入しやすい形でのご提供。

システム構成

PW300標準構成例

PW300 スターターキット構成

主要諸元

項目 標準構成 スターターキット構成
基本仕様 標準 3GPP Release 15
システムタイプ 5G SA
無線 周波数 4.8-4.9GHz
帯域幅 100MHz
通信方式 TDD
送受信系統数 屋外RU:4TRX、屋内RU:4T2R
Beamforming サポート(屋外タイプのみ)
性能 セルスループット [同期] DL:1.25Gbps、UL:0.19Gbps / [準同期] DL 0.80Gbps、UL 0.43Gbps
(物理レートの理論値であり、実際の通信速度は通信環境等によって変化します)
Frame Format [同期] DL:UL:S=7:2:1 / [準同期]DL:UL:S=4:4:2
セル数 100セル 1セル
同時接続ユーザ数 64端末/セル
(1システムあたり最大1000端末)
10端末/セル
機能 MIMO アップリンク 2Layer / ダウンリンク 4Layer
変調方式 QPSK/16QAM/64QAM/256QAM
同期方式 GPS
フロントホールインターフェース eCPRI (ORAN Option 7.2x)

製品に関する資料請求・お見積り・ご相談

電話でのお問い合わせ

ページの先頭へ