GTM-MML4VXJ
Skip to main content
  1. ホーム >
  2. サービス >
  3. Innovative >
  4. 生体センサー認証ソリューション

FUJITSU IoT Solution 生体センサー認証ソリューション オンライン生体認証サービス

 

「パソコン・スマホ連携」機能新登場!

企業内の業務システムへのアクセスなどに「FIDO」を使用できる新機能が登場!

生体認証だけでログインや決済ができ、簡単、セキュアにオンラインサービスを利用可能。

ネットバンキングや企業のオンライン業務サービスなどが普及するにつれて、なりすましによる被害や、情報漏えいがあとを絶たず、パスワードによるオンライン認証の安全性が懸念されています。
国際認証規格FIDO(ファイド)に準拠したオンライン生体認証サービスでは、虹彩や指紋、顔といった生体情報によるオンラインでの本人認証を可能にし、パスワードに依存しない、よりセキュアで利便性の高い環境を提供します。

お客様のFIDO導入をトータルで支援 富士通のオンライン生体認証サービス

特徴1 ワンストップで提供

システムへのインテグレーションからクライアントアプリケーション開発の支援までFIDOに必要なすべてをワンストップで提供。

特徴2 高いカバー率を実現

スマートフォンに搭載されているカメラで顔認証機能の追加が可能なため、Android™ OS/ iOS搭載のスマートフォンにおいて、非常に高いカバー率を実現。

特徴3 パソコンへのFIDO導入を実現

スマートフォン/ パソコンなどの端末や、虹彩/ 指紋などの認証方式に依存することなく、FIDOを利用可能。

サービス内容

FIDOサーバおよび構築支援

  • お客様がFIDOを導入する際に必要なFIDOサーバおよび必要なクラウド環境などを提供します。

FIDOクライアントソフトおよび開発支援

  • お客様がクライアントアプリケーションをFIDOに対応させるために必要なソフトウェアおよび開発支援サービスを提供します。
  • スマートデバイスやセンサーに関する技術をもとに、お客様のクライアントアプリケーション開発における支援を行います。

オンライン生体認証サービスが実現する利用シーン

ネットバンキングやネットショッピングでは、サービスのログインや銀行口座への振込み、代金決済などを生体認証でスムーズに行うことができるだけでなく、他人による不正利用を防ぐことができます。

テーマパークやコンサートのチケットをオンラインで予約すると、当日の会場入口で生体認証を使って確実な本人確認を行うことができるため、チケット転売や不正入場を防止することができます。

テレワークなど、セキュリティリスクが高まる社外においても、FIDOに準拠したセキュアで利便性の高い認証で業務システムにアクセスできるため、多様な働き方に対応できます。

ホテルでは、オンライン予約やチェックイン、チェックアウトを生体認証で行ったり、ルームキーとして利用することができます。カーシェアリングや宅配ロッカーなどにおいても同様の使い方が可能です。

クレジットカードなどのコールセンターでは、本人確認済の着信を受けることができるため、電話口での本人確認の手間を省くことができます。公共機関では、サービス利用申請などの際に、印鑑の代わりに生体認証を利用することで、他人による不正利用を抑止することができます。

企業内WindowsパソコンでのFIDO認証を可能にします

企業のオンライン業務サービスに、いつでもどこでもFIDOのセキュアで利便性の高い認証でアクセスできます。テレワークの広がりにより高まる機密情報漏えいや不正アクセスなどの企業のセキュリティリスクを抑止し、簡単で安全に業務システムを利用できます。
Windowsパソコン・タブレットは、指紋認証によるFIDOを使用できるほか、「FIDO Universal 2nd Factor(U2F 注1)」にも対応し、本人認証に追加の条件が加わることで、より確実な認証を可能にします。また、パソコンに生体認証装置がない場合でも、「パソコン・スマホ連携」により、スマートフォンと連携したFIDOによる認証が可能です。

「パソコン・スマホ連携」の特長

パソコンとスマートフォンを連携させることにより、本人確認にスマートフォンによるFIDO認証を使用できるようにします。パソコンに表示されたQRコードをスマートフォンで読み込み、生体認証による業務システムへのログインを行います。
個人のスマートフォンも利用できるので初期コストも抑えられます。

システムイメージ

注1 U2F:FIDO規格の1つで、従来のIDとパスワードに加えて、USBやICカードなどの外部デバイスを本人確認に用いる二要素認証方式。

FIDO認証とは

FIDO認証はID・パスワードに依存しない、生体認証と公開鍵暗号(注2)を用いた新しい認証方式です。
ユーザーはFIDO認証に対応したスマートフォンなどのデバイスを登録しておくだけで、端末に保存した生体情報による認証を用いた決済が可能になり、安全性と利便性が向上します。
お客様(サービサー)は、サーバおよびクライアントアプリケーションをFIDO認証に対応させるだけで、FIDO対応デバイスからの認証を受けられます。また、本人認証はデバイス内で完了するため、ユーザーの生体情報をお客様(サービサー)のサーバに保存する必要がなく、データ保持リスクを軽減することができます。

注2:公開鍵暗号:公開鍵と秘密鍵という2つの鍵を使ってデータの暗号化・復号を行う暗号方式

画像はすべてイメージです

従来の生体認証とFIDOの比較

サービスメニュー

種別 品名 支払い 概要
導入支援 初期設定サービス 一括 管理者アカウントの発行や、富士通のクラウド環境にお客様専用環境を用意するなど、お客様が「オンライン生体認証サービス」を利用するための準備を行います。
要件定義支援サービス 一括 お客様の要件定義の支援として、お客様の現行システムの要件見直し支援、サーバ接続インターフェース要件の検討支援、クライアントアプリケーション要件の検討支援を行います。
開発支援サービス 一括 お客様の開発支援として、サーバ構築方式検討の支援、クライアントアプリケーションの設計支援、テスト計画の検討支援を行います。
基本 基本サービス 年額 お客様の規模に合わせ、組み合わせてご購入いただける複数のIDパックを用意しています。
オプション 仮想HW占有オプション 年額 基本サービスを他のお客様とは別のIaaS上に構築してサービス提供します。他のお客様と認証機能のリソースを共有しないため、認証の応答時間が安定します。

関連記事

【ITpro SPECIAL記事】オンラインでのユーザー認証に生体情報を活用。セキュアかつ利便性の高い認証プラットフォームの確立へ
~事例:みずほ銀行~

オンライン認証で現在も広く使われているユーザーIDやパスワード。しかし、セキュリティと利便性の両立という観点からは課題が多いと指摘されている。この課題を解決するため、生体認証サービスの活用に取り組んでいるのがみずほ銀行である。ここで重要な役割を果たしているのが...

続きを読む

【FUJITSU JOURNAL「Fintech」記事】
みずほ銀行が生体認証FIDOを採用した理由と選定のポイント

IDとパスワードを使った認証は、ネットワークへのログインや銀行ATMの利用などで広く使われています。しかし、この認証法は使いやすい一方で、漏洩したり盗み取られたりした場合に...

続きを読む

【DIAMOND RETAIL MEDIAオンライン様タイアップ記事】
~FIDO準拠「オンライン生体認証サービス」提供開始~
オンライン認証のセキュリティ向上と導入企業および消費者の負担を軽減

Eコマースサイトの利用者の増大が続くだけでなく、オムニチャネル化でEコマースサイトや店舗を行き交う消費者も増えている。サービスを提供する流通サイドはID・パスワードの安全な管理という負担が伴い、消費者も...

続きを読む

【@IT様タイアップ記事】
国際規格「FIDO(ファイド)」準拠のオンライン生体認証サービスで世の中はここまで変わる

オンラインサービスが増加する現在、あまたのIDとパスワードに悩むユーザーに対して、サービス提供者はどうすれば新たな価値を提供できるのか。1つの解を提示するFIDOというオンライン認証規格や、それを実装する...

続きを読む

カタログダウンロード

pdf (1.26 MB )

お問い合わせ

IoTソリューションお問い合せ窓口(旧:ユビキタスウェアサポート窓口)

年末年始、窓口休業のお知らせ

以下の期間中、IoTソリューションお問い合わせ窓口を休業とします。

2018年12月29日(土)~2019年1月6日(日)

* 2019年1月4日(金)は当社指定の休業日です

窓口休業期間中にいただきましたお問い合わせは、2019年 1月7日以降、順次回答いたしますが、回答までにお時間をいただく場合がございます。

GTM-MLZ5V3N