GTM-MML4VXJ
Skip to main content

INTARFRM(インターファーム)

『INTARFRM』はクラウド時代に対応し、要件定義から設計・開発、運用・保守に至る「ソフトウェアライフサイクル」全体を支えるアプリケーションフレームワーク(注1)製品です。

INTARFRM ソフトウェアライフサイクルを革新する富士通のアプリケーションフレームワーク

「INTARFRM」は、設計支援機能、開発支援機能、実行機能、保守支援機能を有するソフトウェアおよびドキュメントからなります。ソフトウェアライフサイクル(要件定義、設計・開発、運用・保守)全体で首尾一貫した手法を確立しており、「INTARFRM」を活用することで、システム開発者はビジネス環境の変化に迅速かつ柔軟に対応して効率的にシステムを構築または改良することができます。「INTARFRM」は、お客様のソフトウェア資産を継続的に発展させることで、お客様のビジネス強化に貢献します。

ニュース・トピックス

・2018年09月28日INTARFRM製品のINTARFRM 動作環境を更新しました。
・2018年09月14日 資格認定制度ページに2018年10月~2019年3月の試験日程を公開しました。
・2018年08月21日 アーキテクト(エキスパート)の2018年度上期募集 を開始しました。
・2018年08月10日 製品保守ページのサポート期間の記載を更新しました。

(注1) アプリケーションフレームワーク:アプリケーション開発において、開発量の削減と標準化のために用いるもの。

INTARFRM(インターファーム)に関するお問い合わせ

icon-telephone 電話でのお問い合わせ(総合窓口)

0120-933-200富士通コンタクトライン

受付時間 9時~17時30分(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)

icon-formWebでのお問い合わせはこちら