GTM-MML4VXJ
Skip to main content

PrintFit

画素抜き処理で、トナー/インキ使用量を削減するソリューション

  • 画素抜き処理により、トナー/インキ使用量の削減が可能です。
  • 輪郭保持処理(注1)により、文字の輪郭部および画像部の視認性が確保できます。
  • ランダムパターンによる画素抜き処理が可能です。

概要

 文字や写真などの2値画像イメージの画素抜きを行うことで、トナー/インキ使用量の削減が可能です。

PrintFit概要イメージ

PrintFitのしくみと適用例

主な特長

  • 輪郭の保持
    • 弊社独自の技術により、領域内部のみの画素を抜くことが可能です。見た目のシャープさに影響をあたえず、視認性が確保できます。

PrintFit輪郭保持イメージ
輪郭保持処理イメージ

  • ランダムパターンによる画素抜き
    • 単純パターンによる画素抜きに比べ処理が目立たない、ランダムパターンによる画素抜き処理が可能です。

PrintFitイメージ
ランダムパターンによる画素抜きイメージ

注1 輪郭保持処理:
1bitのTIFF画像が入力される場合のみ、処理が可能です。