GTM-MML4VXJ
Skip to main content
  1. ホーム >
  2. サービス >
  3. 業種別ソリューション >
  4. 製造 >
  5. ものづくり統合支援 >
  6. 製品 >
  7. PLMソフトウェア >
  8. PLEMIA >
  9. 統合部品表管理ソリューション(PLEMIA グローバルエディション)

統合部品表管理ソリューション(PLEMIA グローバルエディション)

統合部品表管理ソリューション PLEMIA グローバルエディション

PLEMIAグローバルエディションは、部品表(BOM)を中心とした製品情報管理を行うシステムおよびソリューションです。
マスカスタマイゼーションを実現する富士通のPLMソリューションの中核を成すシステムです。

マスカスマイゼーション実現する富士通のPLMソリューション

富士通の考えるマスカスタマイゼーションモデルでは、設計から生産へ至る情報を一気通貫に伝達することが重要になり、このことがリードタイム短縮やコストダウンの実現に繋がります。
また、逆に上流工程においてQCDを作りこむためには、生産・調達の情報を設計に対して適時フィードバックする必要があります。
富士通のPLMソリューションでは、開発系(PLM軸)と生産系(SCM軸)の各ICTを結合し有機的に機能させることで、情報の伝達と徹底活用を促進します。

部品表(BOM)を柱としたマスカスタマイゼーション実現ポイント

目的別の部品表(BOM)による設計から生産への技術情報の流れ

PLEMIAグローバルエディションは、設計部品表、生産準備部品表、保守部品表など目的別の複数の部品表(BOM)をもつことができ、設計から生産、保守に至る各プロセスにおける情報の管理と伝達を行います。
PLEMIA内の部品表だけではなく、CADモデルのストラクチャや生産準備モデル(VPS)の生産工程のストラクチャとの連携/取込を行うことで、上流/下流工程との情報伝達をスムーズに行うことができます。

目的別部品表(BOM)を活用したPLM軸とSCM軸つなぐ技術情報の流れ

PLEMIAグローバルエディションでできること

目的別の部品表管理 製品の品目・構成情報を主軸に、文書・図面・3Dモデルなどの設計成果物の管理、設計変更・通知書の管理を行います。
設計BOMを起点に生産準備BOM、調達BOMなど、目的別の複数の部品表を管理します。
技術文書類の一元管理 部品表で関連技術情報として扱う文書・図面などのデータをフォルダツリー形式のライブラリとして管理します。
設計ノウハウ、課題・クレーム情報の管理 製品設計に付随する種々の課題・問題点、リリース後の不具合・クレームなどの情報を、製品やユニット、部品などに関連付けて管理します。
工程設計と生産準備の効率化 VPS/MFGにより作成された工程設計情報を、PLEMIAの生産準備BOMに対し連携します。

システムご検討におすすめのコンテンツ:PLM Solution Navi(ソリナビ)

PLEMIAグローバルエディションシステムをご検討中のお客様へ詳しい情報をご提供するサイトを是非ご覧ください。

  • 製品の特長
  • 主な機能/動作環境
  • イベント・セミナー情報
  • 資料ダウンロード
  • 紹介動画(ソリューション概要、基本機能編)
  • 価格情報

PLM Solution Navi(統合部品表管理 PLEMIA グローバルエディション)