GTM-MML4VXJ
Skip to main content

iCAD SX グラフィックボード情報

btn_hardware

iCAD SXの動作が確認できているグラフィックボードの情報をご紹介します。一部のグラフィックボードでは、表示の不具合が発生します。必ず、導入前に動作情報をご確認ください。


グラフィックボード情報
パソコンメーカー iCAD SXのバージョン
富士通製 富士通製V7動作情報 富士通製V6動作情報 富士通製V5動作情報 富士通製V3動作情報
HP製 富士通製V7動作情報 富士通製V6動作情報    
DELL製 富士通製V7動作情報 富士通製V6動作情報    

注意事項

  • iCAD SXは、グラフィック性能に特化したCELSIUSシリーズを推奨します。
  • グラフィックドライバを適用する場合は、必ず富士通の公開ホームページOpen a new windowからダウンロードしてください。
  • 各ビデオチップメーカーから提供されているドライバは、富士通製のパソコンで動作保証をしていない場合があります。
  • グラフィックドライバのバージョンにより発生する現象が異なります。ドライバのバージョンも必ずご確認ください。
  • マルチディスプレイ(複数モニタ)での表示はサポートしておりません。
  • グラフィックボード情報には、動作確認を実施した機種のみを記載しています。

ドライバのバージョン確認方法

  1. Windowsのデスクトップ上にてマウスを右クリックし、ポップアップメニューより「プロパティ」を選択します。
  2. 画面のプロパティが表示されますので、「設定」タブをクリックします。続けて「詳細設定」ボタンをクリックします。
  3. プラグアンドプレイの画面のプロパティが表示されますので、「アダプタ」タブをクリックします。ATI製品「ATI Catalyst Control Center」がインストールされている場合は、そのタブをクリックし、手順6に進んでください。
  4. 「アダプタの種類」の「プロパティ」ボタンをクリックします。
  5. アダプタのプロパティ画面が表示されますので、「ドライバ」タブをクリックします。
  6. 画面中ほどの「バージョン:」の右に表示される番号を確認します。製品によって確認方法が異なりますので以下をご確認ください。

Intel製内蔵グラフィックチップの場合

Intel製グラフィック

Intel製内蔵グラフィックチップの場合は、バージョン番号の9桁全てをご確認ください。

  • arrow-next

NVIDIA製グラフィックボードの場合

NVIDIA製グラフィック

NVIDIA製品の場合は、バージョン番号の下5桁をご確認ください。
「バージョン:6.14.11.8120」の場合、「Ver 181.20」となります。
「バージョン:6.14.10.8426」の場合、「Ver 84.26」となります。

  • arrow-prev
  • arrow-next

ATI製グラフィックボードの場合

ATI製グラフィック

「インフォメーションセンター」の左にある「+」をクリックし、表示されるメニューから 「グラフィックソフトウェア」をクリックします。「ドライバパッケージのバージョン」をご確認ください。 「V8.31-061011a-038125C-Fujitsu」の場合、「Ver 8.31-061011a-038125C」となります。

  • arrow-prev
  • arrow-next

ATI製 FIRE GLシリーズの場合

ATI製グラフィック

「ATI CATALYST Control Center」がインストールされていない「FIRE GL」シリーズでは、 プラグアンドプレイモニタのプロパティ画面「オプション」タブにバージョンが表示されています。

  • arrow-prev

Windows10でIntel製内蔵グラフィックチップをご利用の場合

Windows10ではWindowsUpdateにより、自動的にグラフィックドライバが更新されます。

そのため、動作未確認のバージョンに更新されてしまった場合は、動作確認済みのバージョンに戻したあとに、下記手順にて、再度自動更新されないよう設定してください。

  1. 下記URLから wushowhide.diagcab をダウンロードします。
    https://support.microsoft.com/ja-jp/kb/3073930Open a new window
  2. ダウンロードした wushowhide.diagcab を実行し、次へをクリックします。
  3. 「Hide Updates」を選択します。
  4. 該当のグラフィックドライバのアップデートをチェックします。
  5. 「トラブルシューティング ツールを終了する」を選択します。