Skip to main content

FUJITSU システムインテグレーション 品質ソリューション Quality-shaping(クオリティ・シェイピング)

ICTシステムを「運用を起点」に、お客様と共に「品質」の維持・向上をめざす新しい視点のサービスです。

ICTシステムの重要性が増す中、企業ではシステム品質を維持・向上させるための取り組みが進められており、専門知識を有する第三者が中立的な立場でシステム品質を検証することへの需要が高まっています。
「品質ソリューション Quality-shaping(クオリティ・シェイピング)」とは、運用リスクの診断から始まり、計画、要件定義・設計、製造、テストに至るまでのシステムライフサイクル全体に対し、ヒト・モノ・プロセスの網羅的な視点で、「品質」の維持・向上を支援するサービスです。富士通グループの長年にわたるシステム運用・構築における技術・ノウハウや、多くのプロジェクト実践の経験をベースとしています。

ヒト・モノ・プロセスの視点で品質向上を支援するサービスメニュー

以下のサービスにより、お客様のICTシステムの安定稼働を支援します。

品質マネジメント支援サービス

継続的な品質の維持・向上を図る品質マネジメントをベースにした、開発計画の立案・管理の実践を支援します。

本稼働マネジメント支援サービス

客観的なシステム品質検証のために、根拠のある判断基準を作成し、判断情報の収集・分析・評価・判断を支援します。

企画・要求評価サービス

システム化企画書やRFP等のドキュメントから要求を抽出・整理し、要求の価値を見極め、要求を経営に貢献するか業務目的に合致しているかという内容面で評価します。

第三者検証サービス

第三者の立場で成果物とプロセスを検証します。思い込みを排除し、冷静な目で改善点を抽出します。

CMMI®適用支援サービス

プロセス改善のためのCMMI® (注1) 導入から運用・評価までサポートします。安定したシステム開発はQCDの実現をもたらします。

ICT健康診断サービス

安定稼働に向けたシステムの最適化を支援! 稼働中システムの健康状態を見える化して診断します。

品質教育サービス

現場に寄り添う品質教育をオンサイトで提供します。基礎スキルの習得はもとより、品質向上の意識醸成を目的とします。

(注1) CMMI®:

Capability Maturity Model Integration(能力成熟度モデル統合)の略。米国カーネギーメロン大学ソフトウェア工学研究所で開発されたプロセス改善のためのモデル。CMMI®は米国特許商標局に登録されています。

品質ソリューション Quality-shapingに関するお問い合わせ・ご相談

 

Webでのお問い合わせ
入力フォーム
当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

 

お電話でのお問い合わせ
0120-933-200 富士通コンタクトライン(総合窓口)
受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)