GTM-MML4VXJ
Skip to main content

会員規約

「富士通のミドルウェア」会員規約

第1条(適用範囲)

  1. 本会員規約は、富士通株式会社(以下「富士通」という)が運営するウェブサイト「富士通のミドルウェア」(以下「本ウェブサイト」という)を通じて提供する第3条に定める各サービス(第3条の内容を含むが、これに限らないものとする。以下あわせて「本サービス」という)を、次条に定める富士通のミドルウェア会員(以下「会員」という)が利用する場合に適用します。
  2. 本会員規約とは別に、富士通が本サービス毎に利用規約または利用条件(以下あわせて「利用規約等」という)を定めた場合には、会員は、当該利用規約等に従って本サービスを利用するものとします。なお、本会員規約と利用規約等の定めが異なる場合は、当該利用規約等の定めが優先して適用されるものとします。

第2条(会員)

  1. 会員とは本ウェブサイトで取り扱っている富士通のミドルウェア製品(以下「当社ミドルウェア製品」という)を利用している方または当社ミドルウェア製品に関心をお持ちの方で、本会員規約に同意したうえで本ウェブサイトより会員登録をしていただき、富士通が本サービスの利用に必要なユーザーIDを発行した方をいいます。
  2. 富士通ミドルウェアマスター認定技術者とは第1項に定める会員のうち富士通ミドルウェア技術者認定制度における資格を富士通により認定された方(ミドルウェアMaster認定者を含み、以下同じとする)をいいます。
  3. 会員登録にあたっての登録料ならびに本ウェブサイトの入会金、年会費は無料です。ただし、会員登録の際にかかる通信費等は会員が負担するものとします。

第3条(本サービス)

  1. 富士通は会員に対し、日本語にて以下のサービスを無料で提供します。ただし、会員は自らの費用負担と責任において、本サービスを使用するために必要なハードウェア、システム、データその他の資源を準備するとともに、データバックアップまたはシステムバックアップその他当該資源維持のために必要な作業を実施するものとします。
    • (1)富士通ミドルウェアマスター認定技術者の認定申請
    • (2)当社ミドルウェア製品の体験版およびそれに付随するツールなどのダウンロード
    • (3)eラーニング
    • (4)会員専用コンテンツの閲覧

    富士通ミドルウェアマスター認定技術者には更に以下のサービスを無料で提供します。

    • (5)専用ページ「富士通ミドルウェアマスターサロン」へのアクセス
    • (6)富士通ミドルウェアマスターの認定証および名刺への印刷に用いるロゴ画像データのダウンロード
    • (7)資格取得状況の照会
  2. 富士通は本サービスに係る業務の一部または全部を第三者に委託できるものとします。

第4条(本サービス内容)

第3条に定める本サービスの内容は以下の通りです。

  1. 富士通ミドルウェアマスター認定技術者の認定申請
    • 富士通は会員に対し、本ウェブサイトを通じて富士通ミドルウェアマスター資格の認定サービスを提供します。
    • 認定申請サービスは富士通ミドルウェアマスターサロンからもご利用いただけます。
  2. 当社ミドルウェア製品の体験版およびそれに付随するツールなどのダウンロード
    • 富士通は会員に対し、本ウェブサイトを通じて当社ミドルウェア製品の体験版およびツール(以下「ダウンロードコンテンツ」という)のダウンロードサービスを提供します。
    • 当社ミドルウェア製品の体験版をダウンロードした会員に対して、富士通はアンケート調査を実施します。なお、当該サービスの詳細内容およびその利用規約等については、別途富士通から通知するものとします。
    • 富士通はダウンロードサービスで提供するダウンロードコンテンツを利用することにより生じた結果および生成物についていかなる保証もするものではありません。また、ダウンロードコンテンツの使用により会員に生じた損害ならびに、第三者に直接または間接的に生じた損害について富士通はいかなる責任も負わないものとし、会員は富士通に対しいかなる請求もしないものとします。
  3. eラーニング
    • 富士通は会員に対し、本ウェブサイトを通じて当社ミドルウェア製品に関する各種学習コースおよびそれに付帯するサービスを提供します。
  4. 会員専用コンテンツの閲覧
    • 富士通は会員に対し、本ウェブサイトを通じて会員専用コンテンツを閲覧できるサービスを提供します。
  5. 専用ページ「富士通ミドルウェアマスターサロン」へのアクセス
    • 富士通は富士通ミドルウェアマスター認定技術者に対し、専用ページ「富士通ミドルウェアマスターサロン」へアクセスできるサービスを提供します。
  6. 富士通ミドルウェアマスターの認定証および名刺への印刷に用いるロゴ画像データのダウンロード
    • 富士通は富士通ミドルウェアマスター認定技術者に対し、同会員が持つ富士通ミドルウェアマスターの資格に応じた「認定証」および「名刺印刷用ロゴ画像データ」のダウンロードサービスを提供します。
  7. 資格取得状況の照会
    • 富士通は富士通ミドルウェアマスター認定技術者に対し、本ウェブサイトを通じて同会員が持つ富士通ミドルウェアマスターの資格について取得状況を確認できるサービスを提供します。

第5条(会員の遵守事項)

  1. 会員は富士通が本サービスを提供するにあたり必要と判断したデータおよび情報等を、富士通に提供するものとします。
  2. 会員は富士通が依頼する問題解決に必要と判断した予防または修正のための作業をすみやかに実施するものとします。
  3. 会員は本会員規約に基づき本サービスを受ける権利を、第三者に譲渡・再許諾等できないものとします。また、本サービスにより富士通が会員に提供した情報その他著作物は、その会員のみ利用することができるものであり、会員は富士通の書面による事前の承諾なくして、当該情報その他著作物を第三者に利用させないものとします。
  4. 会員は氏名・住所等の登録内容に変更があった場合は、本ウェブサイトを通じてすみやかに登録内容を更新するものとします。
    会員が当該更新を怠った場合、富士通は当該会員に対して本サービスの提供を停止することがあります。
  5. 会員は当社ミドルウェア製品に関する所有権・使用権等を保有する等、当社ミドルウェア製品を適法に利用していることを富士通に対し保証するものとします。万が一適法に利用していないことが判明した場合には、富士通は当該会員に対して本サービスの提供を停止できるものとします。
  6. 会員は富士通より通知されたユーザーIDおよび自己のパスワードを自己の責任をもって管理するものとし、それらが不正使用された場合であっても富士通は一切責任を負わないものとします。
  7. 会員は本サービスで提供する著作物(文書、資料、画像、音声、ソフトウェア等)の著作権は富士通またはその他の権利者に帰属することを了承するものとし、これらの著作物について別段の定めがある場合を除き私的使用その他著作権法で特に認められている範囲を超えて利用(複製・改変・上映・公衆送信・頒布・使用許諾等を含む)することはできないものとします。
  8. 会員は本サービスにおいて使用するcookieについて、インターネット閲覧ソフトウェア(ブラウザ)にて「cookieを無効にする」と設定することにより使用を拒否することもできますが、その場合は利用できるコンテンツやサービスの範囲が限定される可能性があることを了承するものとします。

第6条(個人情報の取扱い)

  1. 富士通は本サービスの利用にあたり会員が富士通に登録した情報のうち、当該会員個人を識別できる情報(以下「会員の個人情報」という)につき、以下の利用目的の範囲内で取り扱います。
    • (1)本サービスを提供すること
    • (2)本サービスの向上を目的として、電子メール・郵便・電話等によりアンケート調査を実施すること
    • (3)本サービスの向上を目的として、会員における電子メールの開封状況、富士通のウェブサイトの閲覧状況、その他会員における本サービスの利用に関する情報を収集すること
    • (4)会員に有益と思われる富士通または富士通の子会社・関連会社もしくは提携会社の製品・サポートサービス等の情報を、電子メール・郵便等により会員へ送付すること
    • (5)会員の個人情報の取り扱いにつき、個別に会員の同意を得るために、当該会員に対し電子メール・郵便等を送付すること、ならびに当該同意を得た利用目的に利用すること
  2. 富士通は「個人情報の保護に関する法律」において特に認められている場合を除き、会員の個人情報につき第1項に定める以外の利用目的で取り扱いまたは前項に定める以外の第三者に開示・提供することはありません。

第7条(サービスの打ち切り)

富士通は会員への事前の通知により、本サービスの提供の全部または一部を打ち切る場合があることを会員は了承するものとします。

第8条(責任の限定)

  1. 富士通は会員が本サービスを利用することにより得た情報等について何ら保証するものではありません。
  2. いかなる場合においても富士通は、富士通の責に帰すことのできない事由から生じた損害、富士通の予見の有無を問わず特別の事情から生じた損害逸失利益ならびに第三者からの損害賠償請求に基づく損害については、責任を負わないものとします。
  3. 本サービスの利用または利用不能により会員が被った損害が、富士通の故意または重過失に起因するものである場合には、前項の規定は適用されないものとします。

第9条(退会)

会員が本サービスからの退会を希望する場合は、自ら退会処理を行うものとします。本サービスから退会すると会員の個人情報が抹消されます。なお、退会しても富士通ミドルウェアマスターの資格保持者が保有している資格は有効ですが、本ウェブサイトで提供している各種サービスは利用できなくなります。

第10条(会員資格の取消等)

  1. 会員が次のいずれかに該当する場合、富士通はその会員資格を取り消し、同時に登録内容の全てを抹消することがあります。
    • (1)会員登録時に虚偽の事項が記載されていたことが判明した場合
    • (2)本会員規約に違反した場合
    • (3)本サービスの運営を妨げる行為を行った場合
    • (4)他者になりすまして本サービスを利用した場合
    • (5)他者を誹謗中傷したり公序良俗に反する行為をした場合
    • (6)富士通が事前に承認した場合を除き、本サービスを使用して、営業活動、営利を目的とした利用およびその準備を目的とした利用を行った場合
    • (7)その他富士通が不適切と判断した行為を行った場合
  2. 前項のいずれかの行為を会員が行ったことにより、富士通が損害を被った場合、富士通は会員に対し当該損害の賠償を請求することがあります。

第11条(本サービスの中断)

富士通は天災地変、労働争議等の不可抗力により本サービスの提供ができない場合、本サービス提供用の設備の保守上または工事上やむをえない場合、その他富士通がその運用上または技術上、本サービスの一時的な中断を必要とした場合には、本サービスの提供を中断することがあることを会員は了承するものとします。

第12条(変更)

富士通は以下の事項を変更する必要が生じた場合は、会員に対する通知をもって変更できるものとします。

  1. 本会員規約ならびに利用規約等の内容
  2. 本サービスの内容

第13条(通知)

本サービスおよび本会員規約における富士通から会員への通知は、電子メールまたは本ウェブサイトでの表示により行われるものとします。

第14条(専属的合意管轄裁判所)

会員と富士通の間で、本サービスにつき訴訟を提起する場合、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

付 則

この会員規約は、2005年7月8日より有効です。


2005年7月 初版
2005年10月 第2版
2006年1月 第3版
2006年6月 第4版
2006年8月 第5版
2006年11月 第6版
2007年1月 第7版
2008年3月 第8版
2013年4月 第9版

本コンテンツに関するお問い合わせ

Webでのお問い合わせ

入力フォームはこちらから

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

富士通コンタクトライン(総合窓口)0120-933-200

受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)