GTM-MML4VXJ
Skip to main content
  1. ホーム >
  2. デジタルトレンド >
  3. デジタル革新 >
  4. ものづくり >
  5. IoTを活用した工場全体の“見せる化”

IoTを活用した工場全体の“見せる化”

IoTを活用した工場全体の“見せる化”
ものづくりのあらゆるデータをつなげてリアルタイムに状況を把握

工場に点在するデータを集めて分析することで、設備の故障予測や製品の需要予測などといった、様々な用途に活用したいという多くの声を聞きます。
将来的にこのような取り組みも必要ですが、「今」のものづくりの状態を正確に把握していますか?
富士通は、「分析」「予測・制御」といった取組みの前に、今あるデータを集めて確実に効果が実感できる「見せる化」をご提案します。

集めて活用、確実に効果が実感できるデータの“見せる化”から

「見せる化」したことで、改善活動につながり非常に大きな効果を得た事例を紹介いたします。

社内外に導入した工場の最適化とその効果

世界中の生産状況をリアルタイムに見せる化
データに基づく意思決定を促進し、工場経営を最適化へ

横浜ゴム 株式会社 様

生産拠点の海外シフトに伴い、全世界レベルの全体最適化の課題解決に向けて「Intelligent Dashboard」を導入。各生産拠点の稼働状況を横串でリアルタイムに把握することができ、データに基づく意思決定が可能になった。

詳細を見る

CO2排出量17%、アラーム発生時間9割削減を実現、
大和ハウスのIoT活用による「見せる化」

大和ハウス工業 株式会社 様

「Intelligent Dashboard」とIoTを活用し、工場向けエネルギー管理システム「D's FEMS」を開発。エネルギー管理だけでなく、防災環境、労務環境、生産性までを監視対象とすることで、工場全体で活用でき、生産効率の向上にもつながっている。

詳細を見る(PDFダウンロード)

生産状況の可視化により問題やその原因を容易に特定。
導入から半年で15%の生産性向上を実現

株式会社 島津製作所 様

リアルタイムに生産状況をグラフ表示するVisuaLine(ビジュアライン)をプリント基板の実装ラインに導入し、工場のIoT化により生産ラインを可視化。問題箇所や改善結果が迅速に把握でき、生産性と現場のモチベーションが向上した。

詳細を見る

富士通ならではの「工場全体の最適化」

富士通では社内外の工場IoTを推進している専門家がお客様の現場状況も踏まえたうえで、IoT・ICTを活用した工場全体の最適化を提案しています。
工場全体の最適化はすべてを一度に行うのではなく、工場の改善ポイントを見極め、段階的に導入していくことが一般的です。

「工場全体の最適化」は全体を見据え、必要なレイヤーから導入可能

富士通ではどのレイヤーにも最適なサービスを用意、オール富士通での工場の最適化はもちろん、他企業との連携を図ることもできます。

「見せる化」による最適化を目指し、
ものづくり現場のデジタル革新を進める

工場最適化に向けた「見せる化」の実現のため、コンセプトを構築し情報を整理するワークショップをご紹介

詳細を見る

工場全体の最適化ソリューション

ビッグデータに対応可能なクラウド基盤

セキュアな広域ネットワーク

「工場全体の最適化」にご興味のあるお客様は、お気軽にご相談ください。

Top of Page
138-BFF-042
GTM-54WZS5