GTM-MML4VXJ
Skip to main content

富士通研究所

English

Japan

事業内容(研究紹介)

ハイパーコネクテッド・クラウド

富士通研究所は、次世代のデジタルビジネス・プラットフォームとして 「ハイパーコネクテッド・クラウド」を掲げ、研究開発を推進しています。

技術トピックス(研究事例紹介)

技術トピックス:Service-Oriented Connection 技術トピックス:Web Scale ICT Infrastructure 技術トピックス:Core/Front Network Fusion 技術トピックス:Security 技術トピックス:AI 技術トピックス:応用研究 技術トピックス:先端基礎研究

  • [2017年4月24日] 米Boeing社、航空機部品の管理にRFIDを採用
    富士通は、このたび、The Boeing Companyと、同社の航空機部品のライフサイクル管理効率化に向けたRFID導入プロジェクトにおいて、当社のRFIDラベル「FUJITSU RFID Integrated Label」の供給契約を締結しました。
  • [2017年4月24日] Deep Learningの学習用ハードウェアの電力効率を向上させる回路技術を開発
    富士通研究所は、Deep Learningの学習処理に用いるデータのビット幅を削減することで、ニューラルネットワーク構造や学習方式を変えずに学習用ハードウェアの電力効率を向上させる回路技術を開発しました。
  • [2017年4月17日] 法人向けタブレット、パソコンなど6シリーズ6機種を新発売
    富士通グループは、法人向けタブレット・ノートパソコン・ワークステーション・シンクライアント端末それぞれ1シリーズ1機種と、デスクトップパソコン2シリーズ2機種の計6シリーズ6機種を2017年4月中旬から順次、国内で販売を開始します。Windowsタブレット「FUJITSU Tablet ARROWS Tab(フジツウ タブレット アローズ タブ)」では、世界初、富士通の手のひら静脈を使ったスライド式静脈認証機能「FUJITSU Biometric Authentication Slide Passport(フジツウ バイオメトリック オーセンティケーション スライドパスポート)」を搭載した10.1型のタブレット「ARROWS Tab Q507/P-SP」を新規提供します。

GTM-WDW4ZH