GTM-MML4VXJ
Skip to main content
  1. ホーム >
  2. 企業情報 >
  3. 社会・環境分野の取り組み >
  4. 社員とともに >
  5. 人材開発・キャリアデザイン

人材開発・キャリアデザイン

目標

社員は富士通グループの最大の財産であり、個々が様々な可能性を持った存在であると考えています。社員が仕事を通じてその能力や専門性を高め、自己の成長を実現できるよう、また、変化・競争が激しい社会において、より一層社員一人ひとりがチャレンジャーとして変革に挑戦できるよう、様々なアプローチで計画的・継続的に人材開発に取り組んでいます。

人材開発方針

富士通の人材開発においては、下記の4つのテーマに重点を置き、人材開発部門が各ビジネスグループや人事部門と連携を図りながら、体系的な教育を実施しています。

人材開発の重点4テーマ

推進体制

富士通では、経営層を中心とした「全社人材戦略委員会」を設置し、「富士通のビジョン/事業戦略の実現に向けた人材戦略」を定期的に討議しています。人材開発室は、「全社人材戦略委員会」の方針の下、重点施策や実施体制などを検討するとともに、全社共通教育の企画を行っています。各部門の人材開発部は、部門教育や職種・専門教育の主査となり、それぞれの職種に対する部門横断的な人材育成を国内グループ会社も含めて推進しています。

教育の実行については、それを専門とするグループ会社である株式会社FUJITSUユニバーシティと株式会社富士通ラーニングメディアが主に担っています。

人材開発体制

取り組みと実績

教育体系

富士通国内グループ全社員を対象とする「共通教育」と、各部門や職種の専門性を高める「専門教育」を実施しています。また、自ら学ぶ社員をサポートするため、各種の自己啓発支援を行っています。

共通教育の重要な位置付けである階層別教育では、各階層に必要な項目をインプットするとともに、財務会計、ファシリテーション、思いのマネジメント(MBB)など、すべての階層で強化すべき項目を一貫性を持って取り入れています。

人材開発の実行部門では、各研修のアンケートや最新の教育手法など様々な情報を活用し、常に個々の研修の向上を図っています。

(注)思いのマネジメント(MBB:Management By Belief):
一橋大学の野中郁次郎名誉教授らが提唱する経営手法の新しいコンセプト。社員一人ひとりが自分の仕事に「思い」を持って取り組む状態をつくり出す経営手法。

人材開発体系
拡大する (235 KB)

2016年度 一人当たり 年間平均学習時間(富士通)
幹部社員 一般社員 全体平均
39.8時間 59.9時間 55.7時間

グローバルビジネスリーダーの育成

長期的な育成を目指し、富士通の若手からミドルクラスを対象に、「ハイポテンシャルな人材を選抜」し、「実践を通じたアクションラーニング」を通じて成長の場を与えることを柱としています。また、イノベーション領域でのビジネス拡大に向け、多様な人材とコラボレートしてビジネスを創造できる組織・人材の開発を強化しています。

グローバルビジネスリーダー育成体系

GKI-A社長セッションGKI-A社長セッション

グローバルビジネスリーダー育成の中核をなす「Global Knowledge Institute -A course」と「Global Knowledge Institute –D course」は、2000年にスタートし、2017年度までに両コース合わせて累計1,000名を超える卒業生を国内外に輩出しています。

修了者は、富士通グループの経営をリードする役員や、お客様と一緒に新たなビジネスを創出し続けるビジネスリーダーなど、様々な分野で変革を牽引しています。

2017年度からは、上記に加えて、グローバルビジネスリーダーに必要な基礎を習得するBusiness Fundamentals、Leadership Essentials の2コースを新設し、約250名が修了しています。これにより人数の面からもグローバルビジネスリーダー育成をさらに加速させていきます。

経営戦略に応じた人材開発の取り組み

全社的な取り組みに加え、各部門にてより現場に近い専門性を重視した人材開発に取り組んでいます。

営業部門 世界各国の営業との連携を促進するため、以下の取り組みを行っています。
  1. 国内営業/海外拠点営業間で、お互いの現場・現物・現実を理解し、富士通営業マインドの醸成と、双方のビジネスを体感するための研修プログラムを実施しています。
    【国内営業向け海外研修プログラム 2017年度27名、2018年度40名予定】
    【海外拠点営業向け国内研修プログラム 2017年度35名、2018年度40名予定】
  2. アジアリージョンの営業スタッフに対しては、アジアリージョンの人事・人材開発部門と連携して営業力強化研修を展開しています。
    【2017年度 実施プログラム 6カ国 137名受講】
  3. 国内営業部門においては、デジタルビジネス時代における業務遂行力を整理し、約800名のマネージャークラスに対して、デザイン思考やデジタルビジネスの概略を学ぶプログラムを実施しました。当該プログラムは営業のベースラインとして営業全体に展開していきます。
グローバルサービスインテグレーション部門
  • グローバルビジネスを実践できるグローバルSEを育成するため、以下の取り組みを行っています。
  1. コミュニケーション力、グローバルマインドセット強化の各種研修を実施しています。
    【2017年度1,493名】
  2. 一定レベルに達した受講者を海外事業所へ派遣する海外実践研修(Global Workshop Training 略称GWT)を実施しています。
    【2017年度 36名 2018年度50名予定】
  • デジタルビジネスを牽引する人材を早期に育成するため、2017年度から「デジタルイノベーター育成プログラム」を実施しています。2018年度も継続し、プログラム内容の改善・充実を図ります。
    【2017年度174名 2018年度420名予定】
  • キャリア形成に対する考え方と携わる仕事への向き合い方を軸に、若年層からのキャリア教育(1年目、3年目、30歳)および組織コミュニケーションを中心とした支援策を拡充しています。
  • セキュリティの意識向上を図るため、上級幹部社員350名に対し、セキュリティの攻撃と対策を実機で模擬体験し、システム設計時にセキュリティを盛り込む研修を必須として実施しています。社員全般に向けてはe-Learningなどにより、広く展開を図っています。
デジタルサービス部門 新たなマーケット創出に向けて、付加価値サービスの開発を加速し、既存のインフラビジネスサービスの強化を進めていきます。2017年度に実施したFUJITSU Cloud Service K5、AIに引き続き、2018年度はIoTについて当社の方針と技術の共有をe-Learningにて進めています。
サービスプラットフォーム部門 デジタルビジネス時代に向けたエンジニアの早期育成のため、以下の取り組みを行っています。
  1. 若手のビジネスリーダー育成
    • G3 ビジネスアイデア提案WSの実施
      【2017年度30名(うち女性12名)】
    • 若手エンジニアの早期選抜研修の実施
      【2017年度27名】
  2. 骨太のエンジニアの早期育成
    新しい時代に対応できるエンジニア育成に向けた講座体系の構築
    【2017年度AI系 6講座整備】
  3. グローバル感覚を磨く海外実務プログラム
    • 海外短期留学への派遣【2017年度16名】
    • 海外出張プログラムの実施【2017年度:21名】
グローバルコーポレート部門 各機能の専門性を高めるため、海外拠点や海外大学院などへの派遣を行っています。
富士通研究所 若手研究員を対象とした海外派遣制度(1年間)を、1970年代より継続的に実施しています。派遣先は本人の専門知識を高め世界的な仲間作りを行えるハイレベルな大学院や研究機関となっています。直近の5年間では、北米を中心に19名を派遣しています。

プロフェッショナル化の推進

1. プロフェッショナル認定制度

富士通グループでは、各専門分野のプロフェッショナル育成を目指し、プロフェッショナル認定制度を設けています。毎年、論文および面接による審査を実施し新規認定を行うとともに、既認定者についても、定期的な更新審査によりスキルを継続して保有していることを確認しています。

また、認定者はカテゴリー別にコミュニティ活動を行い、さらなるスキルの向上や情報発信、後進育成などを図っています。

2. プロフェッショナル認定カテゴリー(2017年度、国内グループ会社含む)

  • 営業:認定者数567名
    ストラテジ/アカウントマネジメント/ソリューション
  • システムエンジニア:認定者数2,068名
    コンサルティング/プロジェクトマネジメント/業務アーキテクチャー/ITアーキテクチャー/サービスマネジメント/品質マネジメント/プロダクトアーキテクチャー/IPマネジメント
  • エンジニア:認定者数587名
    プロダクト企画/アーキテクチャ開発/ソフト開発/ハード・ファーム開発/品質保証技術/製造・生産技術

キャリアデザインの支援

キャリアを大切にする働きがいのある職場風土を醸成するとともに、社員一人ひとりの自律的なキャリア形成を様々な側面から支援し、組織・人材の活性化を促進していきます。そのためにキャリアデザイン支援の専門組織を設置し、活動しています。本活動は、2016年4月施行の職業能力開発促進法の改正の趣旨に沿っています。

キャリア研修

教育専門組織と連携し、幹部社員および一般社員向けに自らこれからのキャリアを考えるための支援としてキャリア研修を実施しており、毎年約2,000名が受講しています。

受講後のアンケートでは「自分の価値観や、強みについて再認識する機会になった」「今後のキャリアについて早めに取り組むことの重要性が理解できた」「自分らしい生き方・働き方を実現していくために、何をすればいいのかに気づき、能力開発の意識が高まった」などの回答が寄せられています。

キャリア研修体系

キャリア相談

キャリアデザインに関して自ら解決していくためのきっかけを得るために、自分とじっくり付き合う時間を持ち、自分自身と対話をする場として、希望者に対して相談を行っています。

社内募集制度/社内ポスティング制度・FA(フリーエージェント)制度

社員が自分のキャリアの方向性を選択できる仕組みとして、以下の制度を設けています。

これらの制度を設けることで、職業選択の機会を拡大し、自律的キャリアの推進や社員の適正配置化を図るとともに、さらなるチャレンジングな企業風土の醸成を目指しています。

社内募集制度/社内ポスティング制度

強化する事業分野や重点的に補強が必要なプロジェクトごとに、求める即戦力人材を社内イントラネット上で公開して募集する制度です。広く社内に人材募集を行うことで、職制を通じては把握できない個人スキルやタレント性などの発掘や人材活性化につながっています。社内募集制度は1993年から実施しており、すでに制度として定着しています。これまでに、延べ3,000名強(2017年度末現在)がこの制度を利用して異動しています。

FA(フリーエージェント)制度

上記制度に加え、より社員本人の希望・意欲を重視し、社員本人からの積極的な求職を可能にした制度です。

一定レベル以上の経験を積んだうえで、希望する職務・部署に就くチャンスが与えられます。2003年度より実施しており、現在までに延べ600名強(2017年度末現在)が異動しています 。

シニア層人材の活躍支援

上記のキャリア開発支援を行うとともに、社外での活躍を希望する方は、専門のキャリアカウンセラーの支援を通じて様々な団体や企業などに転身し、活躍しています。

また、定年後再雇用制度では、ワークライフバランスの充実や介護など、シニアの働き方の多様なニーズにも柔軟に対応しています。