Office 365メール送信時の情報漏えい事故が心配ではありませんか?

企業にとっての重要情報が不意に社外へ流出することがないよう、送信される(通過する) メールの本文や添付ファイルの中身を一つずつ確認し、企業ポリシーに反した内容になっていないか照合します。

課題

  • Office 365で社外へメール発信する際、宛先指定を間違えてしまう
  • 個人情報を含む重要なデータがいつか社外へメール送信され、情報漏えい事故が起きるのではないかと不安

課題

着眼ポイント

メールおよび添付ファイルの中身を企業ポリシーと照らし合わせることで宛先間違いや重要データの社外流出を未然に防げる

着眼ポイント

解決策

Office 365におけるメール送信時のセキュティ対策強化を実現する「FENCEメール誤送信対策サービス」をご提案します

  • 企業ポリシーに違反したメールを送信保留、中断することで誤送信防止
  • 上長など第三者による承認を必須とすることで、内部不正による情報持ち出し行為などにも効果を発揮
  • 本文や添付ファイルの自動暗号化機能で、ついうっかりの宛先間違い時も安心

効果事例

FENCEメール誤送信対策サービスの導入で事故発生数を削減

FENCEメール誤送信対策サービスの導入で事故発生数を削減

おすすめセキュリティ
ソリューション

サイバー攻撃対策

さまざまな脅威への対策や、SOC運用などセキュリティ運用負荷を軽減する最適なサイバー攻撃対策をご紹介

情報漏えい対策

クラウド・モバイルの利活用拡大、データ保護制度の整備などICT環境の変化に対応した、最適な情報漏えい対策をご紹介します。

製品に関する資料請求・お見積り・ご相談

お問い合わせはこちら

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

ページの先頭へ