システム運用のライフサイクル管理

FUJITSU Software Systemwalker Centric Manager

各企業ではサーバー集約/仮想化が進み、センターは大規模化し日々変化しています。センターの管理者は業務の稼働状況だけではなく、システム運用の状況を把握する必要があります。Systemwalker Centric Manager(システムウォーカー セントリック マネージャー)はセンター全体のライフサイクルを管理します。

Systemwalker Centric Managerでできること

さまざまな環境をトータルに監視して運用を効率化

運用管理に必要なシステム全体の情報を一元監視し、障害の把握と迅速な対処が可能に

  • オンプレミス、クラウド、メインフレーム環境、クラスタシステムなどのさまざまな環境を一つのコンソールで監視
  • イベントの発生状況(発生数、期間での発生傾向やシステムグループごとの発生傾向など)を迅速に把握
  • 少ないオペレーションでトラブル原因を特定

運用に影響を与えず監視を継続

インストールレス方式の利用で監視対象を選ばずにもれなく統合監視

  • エージェントを導入できない稼働中のサーバー、古いOSのサーバーも監視
  • 異なるOSの混在する環境、クラウドもまとめて監視

導入を検討中のお客様へ/ 導入いただいたお客様へ

製品の動作環境やサポート・サービスの詳細情報をご確認ください。

  • 機能を見る
  • 動作環境を見る
  • 価格を見る
  • 技術情報を見る

Systemwalker Centric Manager に関するお問い合わせ

ご検討中のお客様

お電話で
富士通コンタクトライン(総合窓口)
0120-933-200
受付時間:9時~12時および13時~17時30分
(土曜日・日曜日・祝日・当社指定の休業日を除く)
富士通コンタクトラインでは、お問い合わせ内容の正確な把握、およびお客様サービス向上のため、お客様との会話を記録・録音させていただいておりますので、予めご了承ください。
Webで
お問い合わせ専用ウェブフォーム
当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

ご使用中のお客様

サービス&サポート情報
ソフトウェアを安心してご利用いただくために、保守・運用支援サービスをご用意しています。
システムの企画から運用・保守までを強力に支援する各種サービスをご用意しています。
使用方法、技術的なお問合せ
「SupportDesk受付窓口」または製品を購入された際の販売会社もしくは当社担当営業・SEまでご連絡ください。
ページの先頭へ