Fujitsu
テレフォニー
ソリューション
ソフトウェアPBX

製品概要

Fujitsu テレフォニーソリューション「ソフトウェアPBX」は、ハイブリッドワークに対応した音声コミュニケーション商品です。

近年のコロナ禍への対応として、自宅やサテライトオフィスなど出社せず働けるテレワークが広がりました。
一方で、実際に会って話すことで円滑なコミュニケーションを図れるオフィスワークの必要性も見直され、現在は、テレワークとオフィスワークの二つを使い分け、従業員のウェルビーイングや生産性を向上させる働き方として「ハイブリッドワーク」が注目を集めています。

ハイブリッドワークを実施するには、従来のオフィスでの環境と同じように顧客、社員間のコミュニケーションを継続し、同時に生産性向上することが課題となります。特に、コミュニケーションの重要なツールのひとつである電話環境には、次のこと求められます。

  • 自宅でも、オフィスでも、どこにいても、顧客からの電話に応答したい、他のメンバーに取り次ぎをしたい。
  • スマートフォン1台に、電話や通常業務を集約して、作業や操作の手順を少なくしたい。
  • ハイブリッドワークに向けた電話環境を構築したいが、費用がかけられない、既存の使えるものはそのまま使いたい。
  • 人事異動のたびに電話環境の設定変更をするのは煩雑で大変。変更を簡単に行いたい。

ハイブリッドワークにおける電話環境の課題は「Fujitsu テレフォニーソリューション ソフトウェアPBX」で解決します。

特長

1.スマートフォンを内線化、どこでも電話対応可能

スマートフォンを内線電話として利用することで、オフィスの外線代表電話への着信の際、オフィスだけでなく、社外にいる従業員のスマートフォンでも電話を受けることができ、場所によらず電話応対や取次ぎが可能になります。また、夜間や対応時間外において、電話に出られない旨の音声通知や緊急時の連絡先通知などの自動応答も可能です。

2.デバイスをスマートフォン1台に集約し、UX向上

スマートフォンに業務アプリも内線も集約。業務アプリと内線電話の機能連携で、快適な業務が行えます。
例)病院においては、連絡用PHS、業務用PDA、巡回用PCの機能を1台のスマートフォンに集約し、業務対応可能です。
業務アプリ上の発信ボタンのワンタップで電話発信が可能です。

3.既存資産活用、最小限のコストで設備更新

ご利用中の固定電話機やPHSをそのまま使用でき、既存設備を活用しながら段階的に新システムへの移行ができ、最小限のコストで電話設備を導入できます。
また、ソフトウェアなので規模やニーズに応じたシステム構築が可能です。業務システムが稼働している既存サーバやクラウド環境にインストールすることでTCO の軽減も可能です。

4.ブラウザによるシステム運用・管理

日々の電話運用は、運用管理者および利用者からブラウザ操作で直観的に設定可能です。
また、運用管理者や利用者における設定範囲を制限することができます。

カタログ

ネットワーク機器に関するお知らせ・サポート情報

ソフトウェアPBXに関するお問い合わせ

Webでのお問い合わせ
当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。
お電話でのお問い合わせ
「富士通テレフォニーコールセンター」まで、お気軽にお問い合わせください。
03-3570-5944
受付時間 : 9:00~12:00および13:00~17:30
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)
富士通テレフォニーコールセンターでは、お問い合わせ内容の正確な把握、およびお客様サービス向上のため、お客様との会話を記録・録音させていただいておりますので、予めご了承ください。
  • overview.png
  • feature-01.png
  • feature-02.png
  • feature-03.png
  • eh0476-1.pdf
  • omv-software-pbx.jpg
ページの先頭へ