GTM-MML4VXJ
Skip to main content

English

Japan

UHF帯RFID導入ガイド 第4章 RFID機器の選定

第1章 RFIDシステム導入の進め方第2章 事前に検討すべき事項第3章 タグの選定第4章 RFID機器の選定第5章 アンテナの設置方法第6章 RFID読み取り検証第7章 リーダライタ間の電波干渉への対応第8章 まとめ
前のページヘ1234次のページヘ

4.アンテナケーブル(同軸ケーブル)の選定

据置リーダライタと外付けアンテナを繋ぐアンテナケーブルの種類は下記の通りとなります。
注意すべき点としては、ケーブルの長さにより減衰量が変化し、アンテナとタグの通信距離に影響を及ぼすことです。

ケーブル名 3m長
アンテナケーブル
5m長
アンテナケーブル
10m長
アンテナケーブル
ケーブル長 3m 5m 10m
標準減衰量(目安) 1.5dB 2.5dB 4.8dB
距離変動(目安)(注) 100% 89% 68%

(注)アンテナケーブル(3m長)を基準(100%)とした場合の通信距離の変動量(目安)を示します。本製品は、据置リーダライタ(TFU-RW742ATFU-RW732A)と外付けアンテナ(TFU-ANxxx)を繋ぐものです。他製品(他アンテナケーブル)を使用した場合、電波法違反となりますのでご注意ください。

読取精度を少しでも向上させるためには、極力アンテナケーブル長が短いものを選択することが望ましいです。据置リーダライタと外付けアンテナ間のアンテナケーブルの距離が10mを超える場合は、設置位置を再度考慮する必要があります。