GTM-MML4VXJ
Skip to main content

English

Japan

UHF帯RFID導入ガイド 第6章 RFID読み取り検証(1)

第1章 RFIDシステム導入の進め方第2章 事前に検討すべき事項第3章 タグの選定第4章 RFID機器の選定第5章 アンテナの設置方法第6章 RFID読み取り検証第7章 リーダライタ間の電波干渉への対応第8章 まとめ
前のページヘ123次のページヘ

事前確認事項

RFID機器の選定や、アンテナの位置を検討した結果をもとにRFID読み取り検証を実施します。
RFID読み取り検証を実施する前に確認すべき項目は以下です。

分類 概要 確認内容
タグ タグの種類 形状、サイズ、ユーザメモリ領域の要/不要、耐久性が最適である
取り付け位置 衝突によるタグの破損、素材の影響を受けない位置へ取り付ける
取り付け方法(治具など) 使用環境に耐える取り付け(治具利用有無等)をしている
読み取り
環境
読み取り条件 読み取り時の姿や通過ライン、周辺環境を確認している
複数読み取り 一度に最大何枚読み取る必要があるか確認している
処理時間 現場の運用に支障をきたさない処理時間である
通信距離 現場運用の負荷とならない十分な通信距離であり、現場スペースに適している
読み取り阻害条件の確認 タグ読み取り阻害条件を確認している
運用 通過速度 ゲートを利用する場合の通過速度を確認している
モノの動き 想定されるモノの動き(向き)を確認している
ヒトの動き 業務中のヒトの動き(導線)を確認している
運用/リカバリー方式 タグを正確に読み取れなかった場合の対応策や、リカバリー方法を検討している
機器構成 リーダライタの選定 業務シーンに合ったリーダライタを選定している
アンテナ台数、種別 アンテナの台数、アンテナの種別(円偏波/直線偏波)は最適である
アンテナの高さ・向き、ゲート間距離 アンテナの高さ・向きは最適であり、現場スペースに設置可能なゲート設計である
リーダライタの出力レベル 読み取りに最適な電波送信出力である
周辺装置の必要性 センサーやパトランプ、その他、外部装置との連携があるか確認している
その他 既存周辺機器への影響

リーダライタが既存周辺機器に与える影響を確認している
既存周辺機器がリーダライタに与える影響を確認している

電波防護指針の確認 電波防護指針内容及び、電波利用申請済のリーダライタを使用しているかを確認している
前のページヘ123次のページヘ
第1章 RFIDシステム導入の進め方第2章 事前に検討すべき事項第3章 タグの選定第4章 RFID機器の選定第5章 アンテナの設置方法第6章 RFID読み取り検証第7章 リーダライタ間の電波干渉への対応第8章 まとめ