マルウェア対策

中小企業向けクラウド型セキュリティ「ウイルスバスター™ビジネスセキュリティサービス Provided by 富士通Japan」

PC、モバイル向けのクラウド型セキュリティサービス。多層防御による総合的な防御力を実現いたします。

未知のマルウェア対策「AZSECURITY BSTS 標的型攻撃対策 FFRI yarai」

一般的なウイルス対策ソフトでは検知が難しい未知のマルウェアを使用した標的型攻撃に特化したソフトウェア「FFRI yarai」を月額でご提供するSaaS型エンドポイントセキュリティサービスです。

お客様の様々な環境における、マルウェア感染の危険性から効率的に防御する最適なソリューションをご提供いたします。

マルウェア対策 ソリューション一覧

キーワード

マルウェア侵入防止、スパム対策

    • クラウドでメールからの脅威を防御「Trend Micro Email Security™」

      クラウドでメールからの脅威を防御するクラウド型メールセキュリティサービスです。Trend Micro Email Security™を経由してメールの送受信を行うことで不正なメールを検出し、標的型攻撃やマルウエア、ビジネスメール詐欺などの脅威から保護します。

マルウェア検知 ⁄ 駆除

    • エンドポイントセキュリティ対策サービス「Trend Micro Apex One™ SaaS」

      集中管理型の法人向けエンドポイント総合セキュリティ対策製品であるTrend Micro Apex OneをSaaSで提供するサービスです。クラウド上にある管理サーバを用いて企業や組織のエンドポイントを保護します。ユーザは、管理サーバの構築が不要なため迅速にセキュリティサービスを利用開始できます。

    • エンドポイントセキュリティ対策サービス「Trend Micro Apex One™ SaaS」

      集中管理型の法人向けエンドポイント総合セキュリティ対策製品であるTrend Micro Apex OneをSaaSで提供するサービスです。クラウド上にある管理サーバを用いて企業や組織のエンドポイントを保護します。ユーザは、管理サーバの構築が不要なため迅速にセキュリティサービスを利用開始できます。

    • エンドポイントセキュリティ対策サービス「Trend Micro Apex One™ SaaS」

      集中管理型の法人向けエンドポイント総合セキュリティ対策製品であるTrend Micro Apex OneをSaaSで提供するサービスです。クラウド上にある管理サーバを用いて企業や組織のエンドポイントを保護します。ユーザは、管理サーバの構築が不要なため迅速にセキュリティサービスを利用開始できます。

    • 中小企業向けクラウド型セキュリティ「ウイルスバスター™ビジネスセキュリティサービス Provided by 富士通Japan」

      PC、モバイル向けのクラウド型セキュリティサービスです。多層防御による総合的な防御力を実現いたします。

    • 中小企業向けクラウド型セキュリティ「ウイルスバスター™ビジネスセキュリティサービス Provided by 富士通Japan」

      PC、モバイル向けのクラウド型セキュリティサービスです。多層防御による総合的な防御力を実現いたします。

    • 中小企業向けクラウド型セキュリティ「ウイルスバスター™ビジネスセキュリティサービス Provided by 富士通Japan」

      PC、モバイル向けのクラウド型セキュリティサービスです。多層防御による総合的な防御力を実現いたします。

    • スマートフォンのセキュリティ対策、デバイス管理「Trend Micro Mobile Security™」

      セキュリティ対策とデバイス管理を包括的に実現いたします。さまざまなエンドポイント端末をまとめて管理することが可能です。

マルウェア活動制限

    • 不正プログラムの侵入・実行を防止「Trend Micro Safe Lock™」

      システムの機能制限、リソース制御やアクセス制御により、システム利用を特定の用途に限定することができます。オフライン端末の保護も可能です。

未知のマルウェア検知 ⁄ 駆除

    • "標的型サイバー攻撃"や"ゼロデイ攻撃"の兆候を可視化「Deep Discovery Inspector on PRIMERGY provided by FUJITSU」(検知)

      標的型攻撃対策に必要な「検知」と「分析」機能を持ち、脅威を可視化し防御いたします。

    • "標的型サイバー攻撃"や"ゼロデイ攻撃"の兆候を可視化「Deep Discovery Inspector on PRIMERGY provided by FUJITSU」(検知)

      標的型攻撃対策に必要な「検知」と「分析」機能を持ち、脅威を可視化し防御いたします。

      脅威対策プラットフォーム「FireEye」(検知)

      実行形式ファイルやPDFファイル等、様々な形式の不審なファイルをアプライアンス上の仮想環境で動作させ、そのふるまいを観察し、悪意のあるファイルかどうかを判別し、未知のマルウェアを見える化します。

      パロアルトPAシリーズ クラウドサンドボックス「パロアルト WildFire」(検知)

      クラウド上に設置されたサンドボックスで未知のマルウェアを識別いたします。PAシリーズのオプションとして提供されるためUTM機能との自動連係による防御が可能です。

    • "標的型サイバー攻撃"や"ゼロデイ攻撃"の兆候を可視化「Deep Discovery Inspector on PRIMERGY provided by FUJITSU」(検知)

      標的型攻撃対策に必要な「検知」と「分析」機能を持ち、脅威を可視化し防御いたします。

    • 未知のマルウェア対策「AZSECURITY BSTS 標的型攻撃対策 FFRI yarai」

      一般的なウイルス対策ソフトでは検知が難しい未知のマルウェアを使用した標的型攻撃に特化したソフトウェア「FFRI yarai」を月額でご提供するSaaS型エンドポイントセキュリティサービスです。

    • 未知のマルウェア対策「AZSECURITY BSTS 標的型攻撃対策 FFRI yarai」

      一般的なウイルス対策ソフトでは検知が難しい未知のマルウェアを使用した標的型攻撃に特化したソフトウェア「FFRI yarai」を月額でご提供するSaaS型エンドポイントセキュリティサービスです。

マルウェア感染経路と範囲の特定(EDR)

    • 高度なマルウェア防御「Cisco AMP for Endpoints」

      マルウェア感染経路を自動追跡し、感染したPCやマルウェアの検体を高速に特定することで感染の防御が可能です。

キーワード

マルウェア侵入防止、スパム対策

マルウェア活動制限

マルウェア侵入防止、スパム対策

  • クラウドでメールからの脅威を防御「Trend Micro Email Security™」
    クラウドでメールからの脅威を防御するクラウド型メールセキュリティサービスです。Trend Micro Email Security™を経由してメールの送受信を行うことで不正なメールを検出し、標的型攻撃やマルウエア、ビジネスメール詐欺などの脅威から保護します。
  • 不正プログラムの侵入・実行を防止「Trend Micro Safe Lock™」
    システムの機能制限、リソース制御やアクセス制御により、システム利用を特定の用途に限定することができます。オフライン端末の保護も可能です。

マルウェア活動制限

  • 不正プログラムの侵入・実行を防止「Trend Micro Safe Lock™」
    システムの機能制限、リソース制御やアクセス制御により、システム利用を特定の用途に限定することができます。オフライン端末の保護も可能です。

マルウェア検知 ⁄ 駆除

未知のマルウェア検知 ⁄ 駆除

マルウェア感染経路と範囲の特定(EDR)

  • 高度なマルウェア防御「Cisco AMP for Endpoints」
    マルウェア感染経路を自動追跡し、感染したPCやマルウェアの検体を高速に特定することで感染の防御が可能です。

資料ダウンロード

情報セキュリティハンドブック

「情報セキュリティ10大脅威(注)」に”ランクインした脅威”、又は"ランク外の脅威"など、あらゆる脅威の中から貴社における、

  • 優先して対策すべき脅威の抽出
  • 脅威に対する対策案(ベストプラクティス)の洗い出し

の各種ポイントを整理し、分かりやすく解説します。

本セキュリティハンドブックをご活用いただくことで、貴社セキュリティ対策の一助となれば幸いです。
(注)出典:独立行政法人情報処理推進機構「情報セキュリティ10大脅威」新しいウィンドウで表示

ご注意:情報セキュリティハンドブックは、本サイトに掲載されているすべての製品を記載しているものではありません。

『セキュリティ調査レポート2020』ホワイトペーパー
~サイバーリスクに備える「CSIRT」の実態と展望~

企業のセキュリティ対策における課題と実態を把握すべく民間企業1,000社に対しアンケート調査を実施しました。本調査レポートでは、このアンケートから見えてきた、”セキュリティ対策の現状”と”CSIRT組織化の実態”、”CSIRTの重要性が高まってきた背景”についてまとめました。

マルウェア対策に関するお問い合わせ

ページの先頭へ