沿革

2020年(令和2年)

10月富士通Japan株式会社発足(本社:東京都港区港南)。株式会社富士通マーケティングと富士通エフ・アイ・ピー株式会社を統合し、事業を開始。同時に富士通株式会社の民需分野の準大手、中堅・中小企業を担当するシステムエンジニアも合流。

2021年(令和3年)

4月富士通株式会社の自治体、医療・教育機関、地域農林水産機関および地域メディア向けのソリューションサービス・プロダクト関連事業と、株式会社富士通エフサス、富士通ネットワークソリューションズ株式会社の本事業領域におけるビジネスプロデュース機能、株式会社富士通新潟システムズ、株式会社富士通ワイエフシー、株式会社富士通山口情報、富士通エフ・オー・エム株式会社を統合。
4月本社を東京都港区東新橋に移転。