パロアルトネットワークス社製 セキュリティ製品

次世代ファイアウォール(PAシリーズ、VMシリーズ)

パロアルトネットワークスの次世代ファイアウォールソリューションは、これまでのポート番号やプロトコルベースのファイアウォールでは不可能であった、「アプリケーション」、「ユーザ」、「コンテンツ」といった要素での制御をポリシーベースで実現し、企業や組織において脅威となる、ファイアウォール越えをいとも簡単に行うアプリケーションに対して、即座に対策を施すことが可能です。
また、PAシリーズをオンプレミスの仮想化環境やパブリッククラウドに搭載可能な仮想版の次世代ファイアーウォール製品VMシリーズも提供可能です。

PAシリーズラインナップ

製品仕様

製品の仕様については、下記のPDFファイルをご参照ください。

PDFPA-5260 PA-5250 PA-5220仕様一覧 (89 KB/A4, 1 page)
PDFPA-3260 PA-3250 PA-3220仕様一覧 (56 KB/A4, 1 page)
PDFPA-850 PA-820仕様一覧 (44 KB/A4, 1 page)

PAシリーズ追加機能

PAシリーズでは、次世代ファイアーウォールとしての機能のほかに、ライセンスを追加することで脅威防御などの機能を追加することが出来ます。

サブスクリプションライセンス

  • 脅威防御(Threat Prevention)
    脆弱性防御(IPS / IDS)の機能や、アンチウイルス等の機能を追加することが出来ます。
  • URLフィルタリング
    URLフィルタリング機能を追加することが出来ます。
  • WildFire
    標的型および未知の脅威からシステムを保護するための機能を追加することが出来ます。WildFireでは、クラウド上の仮想環境上で不審なファイルを実行させ、その動作を観察することにより、新しいマルウェアを数分で識別することが出来ます。
  • DNSセキュリティ
    脅威インテリジェンスを利用した大規模なクラウドデータベースにより、悪意のあるドメインに対する防御を提供します。また、機械学習を活用した分析により、コマンドアンドコントロールやデータ漏洩などに利用されるDNSトンネリング等の検出も可能です。

永続ライセンス

  • 仮想システム
    1台のPAシリーズを仮想的に複数デバイスとして使用することができます。マルチテナント等のシステムで使用することで、少ないデバイス数で顧客数を増やし、設備投資や運用コストを軽減することが出来ます。

VMシリーズラインナップ

VMシリーズは、Software NGFW Creditsという、クレジットベースでのライセンス体系となります。

(注)仮想マシンのインスタンスのサイズが異なると性能も異なります。AWS,Azure側の仕様によってスループット上限が存在します。

製品仕様

製品の仕様については、下記のPDFファイルをご参照ください。

PDFVMシリーズ仕様一覧 (43 KB/A4, 1 page)

VMシリーズライセンス体系

VMシリーズは、Software NGFW Creditsという、クレジットベースでの課金体系となります。これにより、以下の項目をお客様自身で柔軟に選択することが出来ます。

  • 仮想CPU(vCPU)
  • 台数
  • セキュリティ機能(脅威防御/URLフィルタリング/WildFire/DNSセキュリティ等)

運用サービス

パロアルトネットワークス運用サービス

24時間監視や分析レポート、リモートによる運用支援によりPAシリーズの状態を常に最適に保ち、お客様システムを保護します。

管理プラットフォーム Panorama(Mシリーズ、仮想版Panorama)

管理プラットフォームPanoramaは、PAシリーズ、VMシリーズを制御する集中セキュリティ管理製品です。
PAシリーズと同一の操作性、表示画面で管理化にあるすべてのPAシリーズ、VMシリーズのポリシー管理、ライセンスやコンテンツのアップデート、ロギングやレポーティングを集中管理することが出来ます。
管理プラットフォームはアプライアンス版Panoramaに加えて仮想版Pamoramaも提供しております。

製品の仕様については、下記のPDFファイルをご参照ください。

PDFM-200仕様一覧 (23 KB/A4, 1 page)

パロアルトネットワークス社製 セキュリティ製品に関するお問い合わせ

ページの先頭へ