事業継続(BC:Business Continuity)対策

テレワーク導入でみえた生産性をさらに向上させる10のポイント

新型コロナウイルスなど事業継続上の脅威への備えとして、また人材確保や生産性向上への期待として、多様なワークスタイルを実現するテレワークを導入した企業も多いのではないでしょうか。
そういった中で、テレワークを導入したのは良いけれど、新たな課題が生じ、不便さ・ストレスを感じている、という声を多く聞きます。
富士通Japanでは、お客様が抱えるテレワークにおけるお悩みを解決し、最適なテレワーク環境を整備するための支援をさせて頂きます。

富士通グループが在宅勤務ベースに早々に切り替えることができた理由とは

富士通グループはコロナ禍での一時的なテレワークによる業務継続から本格的な在宅勤務をベースとした働き方に移行することを公式に発表しました。
2020年3月、コロナ禍による通勤不安が広がるなか、急速に待ったなしでテレワーク環境の導入が求められるようになりました。
しかしながら、テレワークの運用ルールの策定、持ち出すパソコンのセキュリティ対策、社外からのネットワーク環境の整備などで、すぐにテレワーク/在宅勤務を始めることができない企業も少なからずあったようです。

段階別テレワーク導入

テレワークを始めたい、とりあえず始めてみたけどどうすればうまくいくだろう・・・。
皆様のテレワーク導入状況に応じて何が必要か、どうすればテレワークの価値を高められるかを段階別にご提案いたします。

未曾有の災害や未知の感染症の流行といった不測の事態においても事業を継続するための取り組みは、組織にとって重要な経営課題の一つです。
富士通Japanは、お客様の事業の継続性を様々な角度から向上させ、企業価値向上のお手伝いを致します。

ラインナップ

コミュニケーション

リモートオフィス、在宅勤務

コミュニケーション

リモートオフィス、在宅勤務

バックアップ/ディザスタリカバリ

事業継続(BC)対策に関するお問い合わせ

ページの先頭へ