FUJITSU自治体ソリューション

指定難病情報システム

指定難病等の医療費助成制度に関する自治体の認定および受給者証発行業務を支援し、
法制度に準拠した最適なシステムをご提供します。

お問い合わせ・ご相談

自治体ソリューションに関するご質問・ご要望などございましたら、お気軽にお問合せください。

指定難病等情報システムは、指定難病等の医療費助成制度に関する自治体の認定および受給者証発行業務を支援するシステムです。
豊富な導入実績とノウハウを基に、法制度に準拠した最適なシステムをご提供します。

特長

多彩な導入形態指定難病、小児慢性、先天性血液、肝炎、肝がん・重度肝硬変の各種医療費助成制度に沿った業務システムをご提供します。 5つの業務システムのうち、必要な業務のみでの導入が可能です。次年度以降の追加導入も可能です。
庁内インフラを活用したWeb型システムWebブラウザで動作するため、クライアントへの個別インストールは不要です。
法制度に準拠したシステム指定難病の対象疾病は300疾病以上あり、今後も増加見込みです。診断書のオンライン化をはじめ、制度の見直しが継続的に行われています。 豊富な導入実績を活かし、法・制度に準拠したシステムを継続してご提供します。

詳細情報

Contact

自治体ソリューションに関するお問い合わせ

Webでのお問い合わせ

  • 入力フォーム

    当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

ページの先頭へ