GTM-MML4VXJ
Skip to main content
  1. ホーム >
  2. サービス >
  3. 業種/業務 >
  4. 自治体 >
  5. 特集 >
  6. 住基ネットの操作者認証用に採用が決定「手のひら静脈認証装置 PalmSecure」

住基ネットの操作者認証用に採用が決定 「手のひら静脈認証装置 PalmSecure」

2013年7月31日掲載

富士通が開発した世界初の「非接触手のひら静脈認証」は、手のひらから静脈パターンを読み取ることで、個人認証を可能にします。世界で3000万人以上のお客様にご利用頂いている安心・安全の生体認証(バイオメトリクス)技術で、お客様の大切な情報資産を守ります。
従来のICカードでは、「紛失・盗難等のリスク」や「カードの管理負荷」が課題でしたが、手のひら静脈認証によりその課題を解決できます。

住基ネット用操作者認証装置 生体認証ミドルウェアのご案内

お問い合わせ/資料請求

掲載された製品の価格、仕様、サービス内容などは掲載日現在のものです。その後予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

自治体ソリューションご導入に関するお問い合わせ・ご相談

Webでのお問い合わせ

入力フォーム

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

0120-933-200 富士通コンタクトライン(総合窓口)

受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)