富士通のAIチャットボットの特長

コールセンターに特化した「対話・機械学習ハイブリッドAI」で自動応答を実現

  • Facebook
  • twitter
  • はてなブックマーク
  • Linkedin
  • pocket
  • メールで共有
回答精度の高い「対話・機械学習ハイブリッドAI」
ディープラーニング型のAIチャットボットは、教師データが十分にそろっていない現状ではコールセンターでの活用に最適であるとはいえません。これに対し、CHORDSHIPは対話制御(ルールベース)による絞り込みと機械学習を組み合わせた「対話・機械学習ハイブリッドAI」であり、既存のFAQデータなど少ない教師データでも高い正答率を実現できます。
利用部門がAIチャットボットの成長をコントロール
チューニングポイントをブラックボックス化せずに公開しているため、AIの成長をコントロールすることができます。利用部門で成長させられるように、チューニングは特別なプログラミング技術は不要で、直感的に設定することが可能です。
AIとヒトの最適な運用を実現
AIチャットボットが利用者の意図する回答ができなかった場合は、有人チャットのオペレーターへシームレスにエスカレーションすることができます。オペレーターがチャットで複数の会話を対応するために必要な機能を搭載しています。(多言語対応等)

コールセンター業務の課題を解決する、富士通のAIチャットボット
デジタルエージェント

お気軽にお問い合わせくださいContact

チャットによるお問い合わせ方法

チャットボットが24時間365日、自動でご質問にお答えします
右下の「富士通 CHORDSHIP チャットセンター」からお問い合わせ下さい
チャットボットがお答えできないご質問は、オペレータがチャットで対応します

受付時間 9時~17時30分 (土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)

  • チャット内に個人情報を入力されてもご回答はできかねますので、お控えくださいますようお願い申しあげます。
  • チャットの対応ログは取得していませんので、詳細のお問い合わせは再度フォームにご記入いただく場合があります。
  • ご質問いただいてもお役に立てない場合もございますので、ご了承ください。
  • 本サービスは法人向けのサービスとなります。
ページの先頭へ