エッジデバイス運用サービス

デバイスのサブスクリプション提供により運用管理負担を軽減し、お客様はDXに向けた戦略企画に専念できます。

企業でPC/デバイスを利用する場合、「調達」・「導入」・「運用」・「返却/廃棄」それぞれのフェーズで、多様な管理作業を実施する必要があります。エッジデバイス運用サービスは、富士通が蓄積したPC/デバイスマネジメントのナレッジをデジタル化し、シェアードサービス基盤として整備することで、デバイス導入・管理業務を高品質に作業代行するアウトソーシングサービスです。

FUJITSU Managed Infrastructure Service に関するお問い合わせ・ご相談

ページの先頭へ