システムの自動運用とジョブスケジューリング
FUJITSU Software
Systemwalker Operation Manager

Systemwalker Operation Manager(システムウォーカー オペレーション マネージャー)は、運用管理コンセプトに基づいて、ジョブのスケジューリングや監視、操作など、業務運用をトータルに自動化し、安定稼働と低コスト運用を実現します。サーバーの電源投入/切断や、定型バッチ業務/オンライン業務の自動化、業務の実行状況の監視、実績管理まで効率的に行うことができます。

Systemwalker Operation Managerでできること

運用の見える化でトラブルを早期検知して安全安心な業務運用を実現

業務の実行状況をガントチャートとジョブネットフロー図でビジュアルに表現できるため想定外の事象にもリアルタイムで対応

  • Excelベースの画面を使用したジョブネットの設計 / 管理で定義ミスを防いで一括登録
  • 想定外の業務の遅延や長時間実行を監視して管理者へ通報
  • 業務の定義変更や操作をログとして記録しているため操作ミス発覚時の追跡を実現
  • 複数サーバー上のジョブネットを一元管理
  • 関連性のあるジョブネットだけを絞り込んだ効率的な監視や一括操作を実現

きめ細かなスケジューリングで柔軟な業務運用

豊富なスケジュール条件設定によりフレキシブルな業務運用を実現

  • 年次、月次、週次、特定日、営業日、休日自動シフトなど、業務内容に応じたジョブ運用日の設定
  • 時刻 / メッセージ / ファイル待ち合せ、複数条件のAND / OR指定、先行ジョブの結果による分岐処理など、きめ細かな業務設計
  • 頻繁なスケジュール変更や突発的な変更でもピンポイントで定義が変更できる柔軟運用

ハイブリッドクラウド環境でのジョブ運用

オンプレミス上の基幹業務とクラウド上のサービス業務を併せてシームレスに管理

  • クラウド上で実装されたサービスをジョブとして定義することでオンプレミス上のジョブと同様に操作 / 監視 / 管理
  • クラウドサービスのオートスケールに連動して動的に実行サーバーを増減できるため安定稼働とインフラコスト最適化を実現

導入を検討中のお客様へ/ 導入いただいたお客様へ

製品の動作環境やサポート・サービスの詳細情報をご確認ください。

  • 動作環境を見る
  • 価格を見る
  • 無料体験版をダウンロードする
  • トレーニングを見る

Systemwalker Operation Manager に関するお問い合わせ

ご検討中のお客様

お電話で
富士通コンタクトライン(総合窓口)
0120-933-200
受付時間:9時~12時および13時~17時30分
(土曜日・日曜日・祝日・当社指定の休業日を除く)
富士通コンタクトラインでは、お問い合わせ内容の正確な把握、およびお客様サービス向上のため、お客様との会話を記録・録音させていただいておりますので、予めご了承ください。
Webで
当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

ご使用中のお客様

サポート情報
Systemwalker Operation Manager Webページにおきまして、各種サポート情報を公開しております。ご質問・お問い合わせに先だち ぜひご参照ください。
使用方法、技術的なお問合せ
「SupportDesk受付窓口」または製品を購入された際の販売会社もしくは当社担当営業・SEまでご連絡ください。
ページの先頭へ