GTM-MML4VXJ
Skip to main content

メインフレームとオープンサーバとの連携

メインフレームは、お客さまのビジネスを支える企業基幹システムとして活躍し、全社を束ねる要のサーバ、基幹業務を安定的に継続させるサーバとして厚い支持を受けています。当社では、このような支持に応えるべくメインフレームの機能を拡充しています。
メインフレームは、安定した大量トランザクション処理や大量一括処理など、可用性、耐故障性、迅速な障害からの復旧性などの高信頼性に優れた特長を持ちます。そして、お客さまの基幹業務を支えるアプリケーションやデータなどの資産が、メインフレーム上に蓄積されています。一方、オープンサーバは、豊富なパッケージがあり、GUIなどの操作性に優れた特長を持ちます。
メインフレームとオープンシステムと連携することで、お客様の資産(アプリケーション、データ)の利用範囲を広げ、環境変化や現場ニーズに迅速に対応でき、ますます、お客さまの企業情報システムの価値を高めることができます。

本記事では、具体的なメインフレームとオープンサーバの連携機能を使ったときのメリットや事例についてご紹介します。

目次

ページを移動

次へ